ホーム | 日系社会ニュース | 白寿表彰=「魚に水、人間には喜び」=家族に囲まれ99歳の長寿祝う=該当者44人、半数が出席
受賞者代表挨拶中の三宅さん
受賞者代表挨拶中の三宅さん

白寿表彰=「魚に水、人間には喜び」=家族に囲まれ99歳の長寿祝う=該当者44人、半数が出席

 ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)が25日午前、文協ビル大講堂で白寿者表彰式を行った。今年99歳を迎える該当者は44人で、当日は本人20人が出席した。壇上で順に表彰状、記念品、金一封が手渡された後、貴賓室に移動し茶菓子が振舞われた。

 あいさつに立った呉屋会長は「私たちがあるのは、血の滲むような努力をしてきた皆さんのおかげ。今年は例年より冷えますが、お体を大事にしてください」と敬意を表した。来賓の中前隆博在聖総領事も長寿を称えた。
 三宅信夫さん(98、大分)は受賞者を代表して「魚には水が、人間には喜びが必要。今日私たちは喜びの白寿を迎えた。だが99歳で終わりじゃない。まだまだ元気に過ごしましょう」と喜びを語った。
 表彰者らは式典を終え、貴賓室に移動。三宅さんは本紙の取材に「今日は子、孫三代で出席した。病気になっても、すぐに病院に連れて行ってくれる。素敵な家族に支えられて幸せ」と語った。
 高校卒業後に渡伯した高橋ヤチヨさん(99、島根)はまだまだ衰え知らず。「家族と仏様のおかげです。まだ新聞も眼鏡なしで読めるし、アクセサリー作りもします。仕事があると体が痛いのも忘れちゃう」と弾けるような笑顔を浮かべた。
 五十嵐徳三さん(98、群馬)に健康の秘訣を聞くと、「腹八分目、医者要らず!」と豪快に言い放った。「医者にかかったことはあまりありません。健康で長生きが一番幸せ。今日の式典でこうして皆さんに会い、家族と一緒に出席できて嬉しい」と語り、親族と微笑みを交わした。該当者は次の通り(五十音順、敬称略)。
 【本人出席】=五十嵐徳三(群馬)、藺牟田栄蔵(鹿児島)、岩崎慶蔵(同)、岩本キミ(長崎)、浦田幸子(北海道)、大木寿保(同)、高野正五(同)、奥山育子(和歌山)、斉藤蔵之助(福島)、下川美子(三重)、高木治子(静岡)、高橋ヤチヨ(島根)、田中竹子(福岡)、栃澤千秋(岩手)、中鶴フヂ(宮崎)、根本次男(茨城)、本田タカ(佐賀)、右田守幸(熊本)、三宅信夫(大分)、村垣良行(香川)
 【代理または当日欠席】=井垣節(東京)、池上テルオ(熊本)、石川よし子(秋田)、氏川奈良橋光子(静岡)、加藤深雪(故人・同)、島袋千代(沖縄)、島袋山城タマ子(同)、清水直栄(大阪)、菅山まつい(宮城)、玉橋シゲヨ(山形)、仲尾和子(故人・沖縄)、名嘉真布永(故人・同)、西森ミツ子(愛媛)、根岸イク(故人・青森)、橋本清隆(福島)、原口磐子(長野)、林チエコ(山口)、平田オソノ(福岡)、平間辰夫(故人・宮城)、松井太郎(兵庫)、松村ヒデ(新潟)、道田太舞(福島)、山内ツル(沖縄)、山川キク(長崎)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 台風19号=岩手県人会が母県に見舞金=菊地氏が訪日して手渡す2019年11月8日 台風19号=岩手県人会が母県に見舞金=菊地氏が訪日して手渡す  ブラジル岩手県人会(千田曠暁(ちだ・ひろあき)会長)は、台風19号で大きな被害が出た岩手県に、見舞金として12万円を贈った。  10月22日に行われた即位の礼に参列するために訪日した菊地義治県人会名誉会長が、岩手日報社を訪れて東根千万億(あずまね・ちまお)代表取締役社長に手 […]