ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 聖市寒波=避難場所2つ増設も人少なく=路上生活者の保守気質影響か

こちらの記事もどうぞ

  • 寒さ対策で聖市に過失?=州検察の捜査の手が入る=避難所の酷さ訴える声も2016年6月17日 寒さ対策で聖市に過失?=州検察の捜査の手が入る=避難所の酷さ訴える声も  【既報関連】聖州検察局人権調査部は、路上生活者の中に寒さが原因と見られる死者が頻出していることで、フェルナンド・ハダジ聖市長(労働者党・PT)の市政に過失がなかったかの調査に入ると、16日付伯字各紙が報じた。 カトリックの社会福祉組織「路上生活者の司牧会」は、この寒波で少なく […]
  • サンパウロ市=ドリア市政がスタート=市民に謙虚な政治を約束=他党との協調も主張=アウキミンの見守る中2017年1月4日 サンパウロ市=ドリア市政がスタート=市民に謙虚な政治を約束=他党との協調も主張=アウキミンの見守る中  1日、10月の市長選で当選を果たした市長たちの就任式が全国で一斉に行われ、サンパウロ市でもジョアン・ドリア市長(民主社会党・PSDB)が就任の挨拶を行った。2日付伯字紙が報じている。  ドリア市長とマリオ・コーヴァス副市長は、市議会での就任式後、セントロの市立劇場に […]
  • 聖市=バス従業員が突如スト敢行=16ターミナルが閉鎖=道路や地下鉄は大混乱=背景に組合内抗争絡む2014年5月22日 聖市=バス従業員が突如スト敢行=16ターミナルが閉鎖=道路や地下鉄は大混乱=背景に組合内抗争絡む  20日、組合の給与調整の妥結を不服とする聖市のバス従業員たちがストを起こし、市内28のターミナルのうち16が閉鎖された。今回のストは予告なく行なわれたため、市民の混乱も大きく、聖市民23万人の足に影響が及ぼされ、午後7時には新記録となる261キロの渋滞も記録した。21日付 […]
  • 東西南北2018年10月6日 東西南北  大統領選の投票もいよいよ明日に迫った。今回の大統領選は、問題発言の多さで有名な極右のボウソナロ氏と、ラヴァ・ジャット作戦の影響もあり、政権を追われていたはずの労働者党(PT)のハダジ氏という、両極の対決ということになり、これまで以上に行方の気になる戦いとなっている。ここのとこ […]
  • 東西南北2016年3月9日 東西南北  ジェラウド・アウキミン聖州知事(PSDB)は7日、聖州商業協会のイベントで、エル・ニーニョ現象に伴うこの春~夏の豊富な降水量から「水危機は解消した」と言い切った。この席で同知事と隣り合った州内政界の大物のひとり、パウロ・マルフ氏はこの席上で、アウキミン氏の政治手腕を評価し、「 […]