ホーム | 文芸 | 連載小説 | 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎 | 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(29)

自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(29)

 すると中から、二人の紳士が降りてきた。太郎は飛んでいき、二人に最敬礼をした。妻幸子が玄関のドアを開けながら、「貴方、はいってもらいなさい」と声掛けた。
 太郎は二人を促して家に入った。
「いやー、留守で済みませんでした」
「いや、君がそろそろ帰る頃かぐらいは、カンピーナスで調べさせて来た。どうだった、ミランドーポリスは変わった事は無かったかね」
「ハイ、良い旅でした。しかし、驚きましたね。社長直々のお出ましとは」
「そりゃあー、千年君。君は幸せもんだよ。今度は否応は言わんじゃろうな」と岩田喜代治ご老体。(実は岩田氏は八十才で仕事は引退カンピーナスの息子さんの元に転移していた)
 これでは太郎も話にならんと考えた。何か話題を見つけて、話を考え紛らわしてしまおう考えていたら、伊藤氏が「ああ、そうだ。今日は千年君に預かり物を持ってきた」と手元の鞄(かばん)の中から、一通の封筒を取り出して、太郎に渡した。
 太郎は怪訝そうにそれを受け取って、一瞬驚いた。封筒の裏に、父喜三郎(太郎の父)。すると伊藤氏が、ニコリとして「実はワシは、ふた月前にちょっと日本に行って来た」。
「エエツ!」と太郎が、中ば叫ぶ様に奇声を上げた。
 横から岩田ご老体が「千年君、そのまさかじゃよ。伊藤さんは、君より遥かに年もとっているし、金もある。年の功だよ。まァ、その手紙を見て、じっくり考えりゃ良か。見たくなけりゃ、見んでもええが。はっはっは」と笑った。
「岩田さん、解かってますよ。この前、日本から皇太子さまが見えられた時、アニャンガバウーにこの子(四歳の長女)を連れていきました。しかし、この子は帰りたくないとダダをこねるもんですから、岩田さん、貴方の長男、満人(みちと)さんちに泊めて貰った。その時、満人さんが『お前さんは、伊藤さんに偉い見込まれちょる様じゃ。近い内にお前さんのパパイ(父)に、社長が会いに行く』と聞いた」と話してくれました。
「ああそうか、そんなら話は決まった」と伊藤元二氏。岩田さんが手を叩きながら「良かったな、千年君。これで君も安心だ」
「何がですか」
「ああ、君はまだ手紙の中味を見ていなかったな。先ずそれを見てくれ」
 封筒の手紙に目を通していた太郎。急に立って裏の方へ出て行った。妻女が後を追った。なかなか太郎が戻ってこない。伊藤社長と岩田ご老体は、茶をすすりながら、顔を見合わせては頷いて居た。
 そこへ妻が戻って来た。
 「ああすみませんネ。家の人すぐ来ます」と言って、また出て行った。それから、またしばらく出てこなかったが、お客にはなんとなくしめっぽい雰囲気を察していた。
 そして太郎が、にこやかに嬉しそうな顔で、「いやいや、お待たせしましたと」と言って、入ってきた。
「顔で笑って、心は複雑だった。表情で即座に察しられた」と伊藤社長と岩田氏。
 太郎が「いきなり直立不動」で、二人に深々と頭をさげた。
「私のような者に、ここまでお世話いただき、お礼の言葉は御座いません。明日にでも橋本さんに申し出て、近日中に必ず参上致します」と低身低頭、心の底から申し上げていた。
 千年太郎の一大決意となった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(44)2016年7月29日 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(44)  特に専務は、「これからの君に期待されている特大有望地区なのだ。ここを二週間、君と周り、俺の全ての知識は一応説明した。だが、これからは君が奥さんにも教えながら頑張りなさい。そして早く軌道に乗せて、新入営業マンを二、三人抱える様になれば、奥さんなんか働かせなくてブラジルに錦を飾っ […]
  • 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(42)2016年7月27日 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(42)  「いかん、いかん。俺は一体なにしに来たんだ。女房の静江や子供を何とする。いかん、いかん。そんなお前じゃないだろう。どうした、どうした」と太郎は自分の頭を自分で叩きながら自問した。 自業自得で人様に笑われて、家族に悲しい想いをさせる自堕落を何とする。自分のふがいなさに、一人思い […]
  • 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(43)2016年7月28日 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(43)  何にも知らないのは千年太郎一人。彼女(森沢須磨子)と千年の経緯(いきさつ)を全部知り尽くして対応されているのには、また驚く千年だった。 「だとすると、なぜなんだ?」と自問した。要は自分の力量だけが目的なのか。「『株式会社・大東建装』は実力、実績本位の企業なのか、昨今国内外で話 […]
  • 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(40)2016年7月21日 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(40) 「なんだって、青森かい」「あなた青森に行きましょう」「青森は、ちと遠いよ」 しかし千年は、「しかし、待てよ。ホテルに泊まるより良いかもね。そうだ青森にしよう。そうだ、まず東京に行こう」と考え直した。 横浜駅に行って、青森行きを駅員に尋ねた。「東京駅から夜行があります」と言う駅員 […]
  • 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(41)2016年7月22日 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(41)  その頃、再三、岐阜市を訪問していた千年君。そのついでに大阪の企業のお膳立てで、ブラジルからの「出稼ぎについて」と題した講演会に招待された。そこで出稼ぎ事情をお話したが、その席に彼の支店長さんが出席していたようで有った。そんなことを書いたメモが、現金五万円と共に例の封筒に入って […]