ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 リオ五輪チケットの追加販売が、21日昼から公式サイトで行なわれている。開・閉幕式などは人気が集ってすぐに売り切れたが、他の種目では残券がまだまだある。日系人が代表の卓球や、日本勢がメダルを取りそうなレスリングなど応援に行ってみては? サンパウロ市内ではショッピング・ウェスト・プラザ(Av. Francisco Matarazzo, s/ nº, Agua Branca)の窓口でも取り扱っている。
     ◎
 宮城県人会(中沢宏一会長)主催で『七夕屋台祭り』が17日に行われた。かつてはACALと宮城県人会が共催して七夕祭りをやってきたが、今ではACAL単独。そこで宮城は独自に今年『七夕屋台祭り』を初開催。見晴らしのよい会館の屋上、料理好きな人らが準備した郷土食『はらこ飯』や味が染みこんだ『おでん』などがならんだ。日本酒『八海山』も振舞われると、来場者からは冗談や笑いが飛び交い、世代を超えて盛り上がった。好評だったのを受け、3カ月ほど中断していた金曜懇親会を復活させる意味でも、中沢会長は「このような形で金曜夜に親睦会を開きたい」と宣言。やっぱり、寒いときには熱燗とおでんですか。
     ◎
 ブラジル初のテロ防止法適用となった、連邦警察の「ハッシュタグ作戦」で21日に10人が逮捕されたが、うち一人は日系人「Hortencio Yoshitake」だった。彼らは「シャリア(イスラム法)の守護者」と呼ばれるサイトのメンバーで、ネットを通してイスラム国(IS)に忠誠を誓う儀式をしていたという。パラグアイから軍用小銃AK―47を購入しようとしたことや、欧米で最近起きたテロ事件を賞賛する声明を出したことから、予防的な意味で逮捕されたようだ。どんな素性の日系人なのか、大いに気になるところだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に2017年1月1日 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に  2017年7月7~9日、コロニアを代表する祭典『日本祭り』が第20回目の記念すべき節目を迎える。「海外最大の日本祭り」と称される同イベントの歴史を振り返り、また、日本祭りの祖となった「郷土食郷土芸能祭」を始めたブラジル都道府県連合会の網野弥太郎元会長に、当時の様子を尋ねた […]
  • 兵庫県人会=半世紀越え、今なお活発に=55周年の節目を祝う=母県から80人超迎えて2015年9月1日 兵庫県人会=半世紀越え、今なお活発に=55周年の節目を祝う=母県から80人超迎えて  ブラジル兵庫県人会(松下瞳マルリ会長)が創立55年を祝し、23日にサンパウロ市の北海道協会で記念式典を行なった。同会は1960年、外務課移住渡航係長が県民視察に南米訪れたのを機に発足。県費留学・技術研修員の選考と派遣、農業高校生の受け入れなど草の根交流を続けている。井戸敏三知 […]
  • 国体で母県へ、岩手県人会=伝統芸能で開幕に「誇らしい」2016年10月22日 国体で母県へ、岩手県人会=伝統芸能で開幕に「誇らしい」  今月11日に閉幕した希望郷いわて国体のため、ブラジル岩手県人会から千田曠暁会長ら6人が日本を訪れた。1日の開会式を現地で観戦したほか、県庁への表敬訪問や他国の県人会と交流する機会も設けられた。  一団は28日に県庁を訪問し、その後、県人会報への記事提供などで交流のある岩 […]
  • 大耳小耳2016年12月27日 大耳小耳  日系スポーツ選手が活躍したのはリオ五輪だけではない。10大ニュースで触れられなったが、日本の相撲界では魁聖関(30)が小結、さらに関脇まで昇格する快挙を達成した。苦節10年での三役昇進に、コロニアにも祝賀ムードが広がった。      ◎  一方プロ野球界でも活躍を見せた日 […]
  • 大耳小耳2015年10月21日 大耳小耳  プロ野球ヤクルトに所属する松元ダニエル・ユウイチ選手(34)が19日、引退を表明したと日本の各紙が報じている。1980年、サンパウロ州アラサツーバ生まれの日系三世で、99年に日本へ野球留学。02年ヤクルトに入団した。引退後は当地での野球指導にも貢献してほしいところ。チームは2 […]