ホーム | コラム | 樹海 | 弁護士二人が泣いた日

弁護士二人が泣いた日

 ジウマ大統領の弾劾裁判5日目の8月30日、同氏を起訴した3人の1人であるジャナイナ・パスコアル弁護士と、ジウマ氏の弁護役のジョゼ・エドゥアルド・カルドーゾ元法相が泣いた▼ジャナイナ氏は「ブラジルで何が起きているかに気づかせたのは神であり、彼女の孫達の事も考えた故に同氏罷免を求めた」と発言し、本来の目的ではなかったが、ジウマ氏が苦しまねばならない事態を招いた事を涙ながらに同氏に詫びた▼一方のカルドーゾ氏は「(ジウマ氏をよく知り、無罪を確信するが故に)孫達の事も考えて彼女を罷免するよう求めたとの言葉は余りにも重い」と胸を詰まらせて泣き、「罷免が成立したならいつの日か、別の法相が同氏に(あの時の判断は誤っていたと)謝罪してくれるように」と語った▼民主的な選挙で選ばれた大統領が国民が選んだ議員達の手で弾劾されるという事態は、勝ち負けといった言葉で片付けられない程重く、悲しい。だが、国家財政は火の車なのに、国の経費を公的銀行に肩代わりさせた上、経費にも計上せず返済もしないという形で、国庫収支は黒字と偽ったりすれば、国の現状は国民に伝わらない▼しかも、国庫収支その他の指標発表を遅らせ、国民の目をくらませたままで再選を果たした途端、悪い数字が次々に発表された上、財政立て直しのために呼ばれたジョアキン・レヴィ財相は、その辣腕振りを発揮出来ないまま、その任を降りた▼粉飾会計、財政責任法違反と共に、長びく不況や失業者増加、政治的、経済的危機を招いた責任をも問われる形でジウマ氏が罷免された8月31日。ブラジルの歴史にとって忘れてならない日となる事は間違いない。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 国家高等教育試験担当が1日で解任=過去に過激な発言の数々2019年1月19日 国家高等教育試験担当が1日で解任=過去に過激な発言の数々  16日に国家高等教育試験(ENEM)の新コーディネーターとして公示されたムリーロ・レゼンデ・フェレイラ氏の指名が、1日で取りさげられた。同氏はかねてから個人的な問題が指摘されていた。17日付現地サイトが報じている。  ボルソナロ大統領は昨年行われたENEMで、同性愛に関する […]
  • 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ2019年1月7日 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ  「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐 […]
  • 軍政令第5条(AI5)から50年=軍事政権2018年12月13日 軍政令第5条(AI5)から50年=軍事政権  1968年12月13日、「ブラジルの軍事政権史上、最悪の悪法」と呼ばれた「軍政令第5条(AI5)」が通過。ブラジルは20世紀最大級の激動を生きることとなった。  事の発端は、同年3月28日にリオの大学生エジソン・ルイス・デ・リマ・ソウトさんがリオの軍隊に殺害されて大 […]
  • 《ブラジル》レヴィ元財相が社会経済開発銀行(BNDES)新総裁に就任へ=ゲデス次期経済相の同窓2018年11月13日 《ブラジル》レヴィ元財相が社会経済開発銀行(BNDES)新総裁に就任へ=ゲデス次期経済相の同窓  1月のボルソナロ新政権発足に向けた引継ぎ作業や人事が進む中、社会経済開発銀行(BNDES)総裁に、第2次ジウマ(PT・労働者党)政権で財相を務めたジョアキン・レヴィ氏の名前が浮上していると、12日付現地各紙が報じた。  現在、米国ワシントンの世界銀行で金融部長を務め […]
  • 極右を「正義」にしてしまった二人の張本人2018年11月9日 極右を「正義」にしてしまった二人の張本人  「ブラジルの“極右”観が他の国と比べてきわめて特殊だ」ということを、コラム子は2日付の当コラムで書いた。そのときは「極右に対しての危機感の欠如」を指摘したが今度は、極右を「正義」だとさえ思っている人が少なくないことを指摘しよう▼「差別主義者的な言動をしておいて何が正義 […]