ホーム | 日系社会ニュース | にっけい文芸賞=ポ語のチアゴさん受賞=授賞式は5日文協で

にっけい文芸賞=ポ語のチアゴさん受賞=授賞式は5日文協で

 ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)による『2016年度にっけい文芸賞』の選考結果が発表された。ポ語部門から、チアゴ・フェイジョさんの「インソリトゥーデス」が選ばれた。
 日語部門では、佳作に東京農大会の移住百年誌「堅き絆」、エッセイ・短歌集「赭き大地を」(藤田朝壽著)、自分史「花の生涯」(宗花子著)が選ばれた。また翻訳「ブラジル文学小史」(田畑三郎著)に功労賞が贈られた。
 なおマンガ部門の1位はシルヴァナ・デ・アルヴァレンガ、ソニア・デ・アルヴァレンガさんの「リップスティック・ラブ」が選らばれた。
 授賞式は11月5日午後1時から、文協ビル貴賓室(Rua Sao Joaquim, 381)で行われる。
 申し込みは1日までに文協事務局(電話=11・3208・1755、メール=atendimento@bunkyo.org.br)へ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》州道通行料が値上がり=例年なら7月の調整が今2020年12月3日 《サンパウロ州》州道通行料が値上がり=例年なら7月の調整が今  例年なら7月1日に調整されるサンパウロ州の州道の通行料が、新型コロナのために5カ月先延ばしされ、12月1日に調整された。  料金調整の対象となったのはアンシエッタ、イミグランテス、アニャンゲーラ、バンデイランテス、プレジデンテ・カステロ・ブランコ、ラポゾ・タヴァレス […]
  • 《サンパウロ州》高速道で41人死亡の大惨事=バスとトラックが衝突2020年11月26日 《サンパウロ州》高速道で41人死亡の大惨事=バスとトラックが衝突  サンパウロ州内陸部の高速道でトラックとバスが衝突事故を起こし、41人が死亡した。州内高速道の事故としては今年最多の死者を出す大惨事となった。25日付伯字紙が報じている。  事故が発生したのは25日午前6時50分頃、タグアイーとタクアリトゥーバの間にあるアヴァレー付近 […]
  • 日本政府がブラジルを支援=医療強化や森林火災消火活動で2020年11月18日 日本政府がブラジルを支援=医療強化や森林火災消火活動で  10月29日にブラジル外務省(イタマラチ宮)で日本政府がブラジルに対し、「新型コロナウイルス感染症に対する保健・医療体制強化のための医療器材支援プロジェクト」開始と「アマゾン森林火災消火活動支援プロジェクト」による物資提供する記念式典が開かれた。  日本の代表として […]
  • 《ブラジル》ヴィア・ヴァレージョ=第3四半期の利益は5億レアル=電商強化で昨年の損失を逆転2020年11月14日 《ブラジル》ヴィア・ヴァレージョ=第3四半期の利益は5億レアル=電商強化で昨年の損失を逆転  カーザス・バイアやポント・フリオを傘下に置くヴィア・ヴァレージョが第3四半期に5億9千万レアルの純利益をあげ、3億4600万レアルに上った昨年の損失を逆転させた。  大逆転の鍵は、コロナ禍による実店舗での売上減少を補う形で、電子取引(電商)が急成長した事だ。また、コ […]
  • 《リオ州》ヴィッツェル知事の罷免審理継続を決定=「起訴内容に疑問の余地なし」2020年11月7日 《リオ州》ヴィッツェル知事の罷免審理継続を決定=「起訴内容に疑問の余地なし」  リオ州地裁と同州議会の合同特別法廷が5日、更迭中のヴィッツェル知事の罷免審理の継続と減給、公邸からの追放を決めた。  ヴィッツェル氏は、同氏の妻の弁護士事務所などを介した組織的な汚職疑惑などで起訴され、8月28日に高等裁から6カ月間の停職を言い渡された。この日には、 […]