ホーム | 文芸 | 連載小説 | 道のない道=村上尚子 | 道のない道=村上尚子=(37)

道のない道=村上尚子=(37)

「それにしても、売れるかな?」
 という緊張と期待で心が引き締まる。町に着くと、迷わず日本人ばかりに売って回った。みかん箱にいっぱい近くあったまんじゅうは、一個も残らず売り切れた。嬉しかった。子供たちへの、ささやかな(それでもみんなには大変なもの)お土産と、現金を握って帰ってきた。この日は、家中に電灯が点いたようであった。
 以後、毎晩まんじゅうのための用意や、餡子つくりに励んだ。売りに行くのは、三日に一度である。当時は、和菓子屋はなく、各家庭でまんじゅうは拵えていた。しかし数個のまんじゅうを、わざわざ作るには、大変な手間ひまがかかるので、安い値段で手に入るなら、誰でも喜んだ。
 家に到着する頃「ド・ド・ド・ド」というトラットールの音が、辺りへ響き渡る。
 この音を聞きつけた子供たちは、表に出て三人が横に並んで出迎えている。微動だにしないで、集中しているのが分かる。このトラットールの音に、三人は胸をはずませているだろう。
「ド・ド・ド・ド」この音は私にも楽しい。まるで凱旋してくる音楽のように聞こえる。

 ところがある日、一郎が言った。
「まんじゅう作るのはいいが、疲れましたじゃ、畑仕事は出来ませんじゃ、言うなよ! そがいなことを言うなら、すぐまんじゅう作りなんか、やめさせるぜよ!」
 と、誠に不機嫌で、棄てゼリフのように言った。それ以後、夜も琴子を泣かせまいと、夜通し背中におんぶして、まんじゅうを作った。昼は一郎と同じように畑へ出た。それでも私は、希望に溢れて元気だった。夜も昼も、完全に仕事はこなした。一ヶ月位した頃、あのパトロンだった寒野さんが様子を見に来た。そして彼は、それとなく私を上から下まで眺めて、暗い顔をしている。
「えらい痩せたな……」と言って帰って行った。
 その後。数日して一郎が私の横を通り過ぎようとして、何気なく私の胸のあたりを覗いたらしい。
「ぎょ!」とした声を出した。
「にいやん! ママイに何か食わせろ!」
 と叫んだ。この時の私は痩せこけて、アバラ骨が浮いていたらしい。鏡もないので私も気付かなかった。
 まんじゅう売りは、好調である……

 一郎の作る作物の殆どが、まるで運に見放されているようにうまく行かない。この地へ入って五年過ぎた。どうやら大変な借金で、私たちは断崖の淵まで追い詰められているらしい。
「もう一度トマトを作る」ということに、一郎の心が揺らいでいるのが、私にははっきり見えた。
「これが、最後の勝負や」
 もうすでに勝負はついている。が、彼は諦めきれず、トマト作りの準備は始まった。この年は、えらい暑い。
 雲ひとつなく、太陽の光で空は眩しいほど白い。まさかあの空が、あのままのはずはない。きっと雨は降ると私は思った。山の木々は「じーん」と音がするほど、乾燥した空気に喘いでいるようだ。トマトを植えて、苗の時、雨は一度湿る程度降ったきりである。下にある池を、私は何度も眺めた。あの水を利用する設備はない。
 ただただ、天に任せるしかない。そんな中でも、健気にトマトは伸びた。痩せこけた木だが生きている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 道のない道=村上尚子=(79)2017年2月8日 道のない道=村上尚子=(79)  初めは、彼にも私のポルトガル語が分からなかったのだと思える。しかし、段々私式のポルトガル語が理解出来るようになったのであろう。人間、どんな難しい問題でも、訓練と慣れとで、解決して行くものである。このへんな才能を持った生徒が、私が一言喋るその度に、ポルトガル語で皆に通訳している […]
  • 道のない道=村上尚子=(36)2017年2月3日 道のない道=村上尚子=(36)  そうこうする内、人に貸していたアパートが空いたので、そこへ移った。色々、身辺の整理も終わった頃、数冊の私の日記帳が出て来た。特に、ここ一年間の日記は、癌病の父の介護、その闘いの日々であった。分刻みの看病のことが、克明に書かれていて、何か見ているとその日記帳そのものが、生きもの […]
  • 道のない道=村上尚子=(2)2017年2月7日 道のない道=村上尚子=(2)  又、女性の中には、精神的に参っている人が多く、私に馴染んでくると、身の上話をしたい女性が増えた。しかし、治療中に喋られると、私が集中出来なくて大変困る。適当に聞いとけばよかろうと思うだろうが、話している方は、布団を叩いて泣きながら話しているのだ。  これほど、のたうち回って […]
  • 道のない道=村上尚子=(74)2017年2月1日 道のない道=村上尚子=(74)  彼の体全体から、万感の思いがいっぱいに広がっているのが、私にも伝わる……父は、二個目を口に持って行った。少しすると、急にむせ始めて、トイレに行き、「ゲェー、ゲェー」と言い出したのだ! 私は父の背を「とん、とん」と軽く叩いたが、うまく行かない。父の首が倍に膨らんでいる。水を飲ん […]
  • 道のない道=村上尚子=(75)2017年2月2日 道のない道=村上尚子=(75)  私はそのとき、何か一瞬にして肩から覆い被さったものが取れた。父は、空の便器を引き寄せ、その中へ手を入れては、何かをつまみ出して、口に入れている……父の頭では、何か食べ物が入っているらしい。これを見て、私はいいことを思いついた。 「お父さん! ぼたもちばい!」  と、さも牡 […]