ホーム | 文芸 | 連載小説 | 道のない道=村上尚子 | 道のない道=村上尚子=(53)

道のない道=村上尚子=(53)

 何か向こうの方から、夢のようなものが手招きしている。それはやはり商売だ。私は商売が好きだ。そしてその面白いところは、形の無いものから発して、思い通りの姿にして行くまでの過程が楽しいのだ。次は食料品店、次はもっと大きく……そんな想いを抱きながら、働いていた時である。父が、何かに追い詰められるようにして、店へやって来て、私に命令を下した。
「今すぐ、オレたち(父と母)の住むアパート買え!」という。
 なぜ父は、私が今からという時に現れるのか。
 (あぁ……夢が……)父母の家を出てから、随分と年月は過ぎて行った。それまで弟たちは、父のために大変な苦労をしてきたらしい。何の仕事をしても、これからという時、父が一騒動起こして、駄目にしてきたというのだ。
 なまじ父の恩給が入ってくるのが禍した。つい金のやりくりに苦しくなると、父に金を出させた。手を出すと、父は権力を振り回す。その繰り返しで、今度ばかりは優しい弟も、父へ背を向けてしまったようだ。
 私は仕方なく、コンセリェイロ・フルタード通りに、アパートを買って、父母を住まわせた。私の子供たちも、今度こそ引取れる状態にあったが、母が淋しがって、子供は今まで通り一緒に住まわせてと云われた。子供とは、頻繁に行き来できるようになった。
 ある日、あのアパート買い入れの件で忙しかった私は、一日だけ店を閉めた。表の入口に貼り紙をした。
『本日は誠に勝手ながら、急用にて店を閉めさせて頂きます』と。
 すると、その貼り紙の余白へ、『ふざけるな!』と書いてある。
 駄々をこねている、私のお客たち……

 父のアパートの件が、一段落した頃、あのA子が店にやって来た。私は洋介との一部始終を彼女に話した。 
 すると、A子はだまって聞いていた。そして、
「私も店を持ちたい。持ちたくて仕方ないけど、資金がなくて……」
 殆ど諦めの様子で、呟いている。私はふと思った。どうせ自分の夢は破れた。今の資金では中途半端である。私の有り金を全部、彼女へ貸してやった。期限は無し、領収書もなし、(領収書がなかったのは、これを書いていて思い出したくらい大ざっぱな貸し方をした)。
 A子は、数日後、私に言った。
「周りの人に言われたわよ。男でもこれだけのことは出来ないと」
 間もなく、バイーア州で、恋人と店を開いたそうだ。食堂らしい。
『これで、心の借りは返した』。
 もう私には「円苔」だけとなった。男と言えば、どうやら私は気づかないうちに男っぽくなってきている。何しろ花園時代から今日まで、男だらけの世界で生きてきた……たまに客の口から、
「○○○の店のA子、色気あるぞう!」
 と、嬉しげに客たちで語っているのを聞く。いくら私が男っぽくても気になる。一口に『色気』といっても、分かるような分からないような…… 男たちに聞いてみることにした。
「色気ってなに?」
 するとTさんが、
「あのねえ、ママさん、たとえば首すじに濡れた髪が貼りついている……あれが色気なんだ」
 地から虫が這い上がってくるような声で、聞かせてくれた。Nさんは、自信に満ちた声で、
「カーマ(ベッド)だよ、カーマ!」
 うーん、あんな大きなものは、この「円苔」には持ち込めない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 道のない道=村上尚子=(81)2017年2月10日 道のない道=村上尚子=(81)  やがて、二人で外へ買い物に出た。道を歩きながら、ひろ子がしみじみとした声で、自分へとも私へともつかず言っている。 「不思議ねえ……今なぜか昔ママイに色々してもらったことを、思い出しているよ。今まで何も思い出したことがなかったのに。例えば、六歳くらいの頃かしら、ママイが私に服 […]
  • 道のない道=村上尚子=(2)2017年2月7日 道のない道=村上尚子=(2)  又、女性の中には、精神的に参っている人が多く、私に馴染んでくると、身の上話をしたい女性が増えた。しかし、治療中に喋られると、私が集中出来なくて大変困る。適当に聞いとけばよかろうと思うだろうが、話している方は、布団を叩いて泣きながら話しているのだ。  これほど、のたうち回って […]
  • 道のない道=村上尚子=(79)2017年2月8日 道のない道=村上尚子=(79)  初めは、彼にも私のポルトガル語が分からなかったのだと思える。しかし、段々私式のポルトガル語が理解出来るようになったのであろう。人間、どんな難しい問題でも、訓練と慣れとで、解決して行くものである。このへんな才能を持った生徒が、私が一言喋るその度に、ポルトガル語で皆に通訳している […]
  • 道のない道=村上尚子=(75)2017年2月2日 道のない道=村上尚子=(75)  私はそのとき、何か一瞬にして肩から覆い被さったものが取れた。父は、空の便器を引き寄せ、その中へ手を入れては、何かをつまみ出して、口に入れている……父の頭では、何か食べ物が入っているらしい。これを見て、私はいいことを思いついた。 「お父さん! ぼたもちばい!」  と、さも牡 […]
  • 道のない道=村上尚子=(36)2017年2月3日 道のない道=村上尚子=(36)  そうこうする内、人に貸していたアパートが空いたので、そこへ移った。色々、身辺の整理も終わった頃、数冊の私の日記帳が出て来た。特に、ここ一年間の日記は、癌病の父の介護、その闘いの日々であった。分刻みの看病のことが、克明に書かれていて、何か見ているとその日記帳そのものが、生きもの […]