ホーム | 日系社会ニュース | 全米日系人博物館が抗議=収容「前例」発言に

全米日系人博物館が抗議=収容「前例」発言に

 【ロサンゼルス共同】トランプ次期米大統領の政権移行チームが検討しているとされるイスラム系移民の登録制度に関し、トランプ氏の有力支持者が第2次大戦中の日系人強制収容を「前例」として引き合いに出したことについて、全米日系人博物館(ロサンゼルス)は18日、強制収容は「恥ずべき歴史」として抗議する声明を出した。
 トランプ氏の政治資金団体幹部だったヒグビー氏が16日、米テレビでイスラム系移民の登録制度を支持、人種や宗教に基づく特定集団の差別的な扱いは「第2次大戦中の日本人にもやったことがある」「前例がある」などと述べた。
 同博物館は、公人が日系人の悲惨な歴史を引き合いに、特定集団の公民権を否定し、恐怖をあおることに対し「黙っていない」と警告した。
 日系人の強制収容については1988年、レーガン政権が誤りを認め、公式に謝罪している。

image_print

こちらの記事もどうぞ