ホーム | 文芸 | 連載小説 | 道のない道=村上尚子 | 道のない道=村上尚子=(38)

道のない道=村上尚子=(38)

 何日過ぎても、雨の降る気配もなく、太陽は照り続けている。エスタッカ(添え木)を山から切ってきて、トマトの木が倒れないよう括りつけた。トマトが元気に育てば、このエスタッカが隠れるほど、緑に覆われる。
 しかし、その細いトマトの木は、エスタッカと並んで立っている。それでも、哀れな葉をつけている。こんなに水不足の中でも生きようとする、植物の強さを知った。さすがに、あと三日も雨が降ってこなければ最後だった。三日目も降らず、更に四日過ぎると、トマトの木は黄色くなり、やがて立ち枯れとなった。
 エスタッカに括られた細いトマトの木は、乾いて干し上げたようになっていて「ぐたっ」と、上辺の首を垂れた。その畑の中を、さ迷う一郎も、痩せて肩を落としていた……
 数日後、一郎が言った。
「この仕事を今止めるなら、持っているトラットールを売って、借金が丁度ゼロになる。どうするか」
 私は嬉しかった。やっと又、町で暮らすことが出来る。とうとう、すってんてんになった。

     町  へ  戻   る

 イビウーナの町へ戻ってきた。大きな道路際の家を見つけた。奥行きの広い平屋である。
 私は「ここで食堂を開けよう」と一郎に言うと許してくれた。
 サーラ(居間)と二つの室は食堂にすることにした。椅子だけは、数脚買ってきた。いまあるメーザ(机)や大きな丸いテーブルは、そのまま利用することにして、食器もとりあえず少々買った。宣伝など考えもしない。人が通り過ぎて行く入口は、小さなドアがひとつあるだけ。狭い入口から奥まで細い廊下になっている。二つの室は仕切られていて、その壁を取り除けば結構、食堂らしいものになる。
 私はその辺の左官やさんを呼んで、見積もらせた。高過ぎる。今、そんな金はない。壁といっても一応セメントを塗ってはあるが、中はレンガだ。天井の所からレンガを一枚一枚剥がして行けば、女の力でも簡単と踏んだ。すぐに梯子に乗って、上から一個一個レンガを剥がし始めた。
「ふん! あの左官はふっかけた値段を言ったけれど、女の私でも出来る」
 と、勝ったような気分で続けていた。三分の一くらい、隣の室との空間が出来た時である。天井がグラーッと、静かにこちらへ傾いてきた。今、手に掴んでいるレンガを、一枚外したら、屋根が総崩れになると感じた。天井の重心が、そのたった一枚にかかってしまったらしい。私は、そっと逃げるように、梯子を下りた。その時、丁度あの左官が、様子を見に入って来たのだ。男は、くたびれた服装に、丸い目で、小さな体をしている。彼は室を覗いたと同時に、仰天した。
「タダでもいいから、オレにさせてくれ! 頼む!」
 普通なら逃げ出すような、この仕事……もちろん私は頼んだ。彼はあの小さな体中で、緊張して、慎重にやり遂げてくれた。一介のブラジル人である。この男の誠意は、言葉に出来ないほど、私に重く伝わった。金額も安くしてくれた。
 けれども傾いた天井は、そのままの姿になった。胸は痛んだが、家主には内緒にせざるを得なかった。今のふところ具合では、侘びのしようがない。きっと後で出来ると思った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2008年7月23日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2008年7月23日付け […]
  • コラム 樹海2009年5月15日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2009年5月15日付け […]
  • 心からの感謝を=弓場農場 小原明子2010年5月6日 心からの感謝を=弓場農場 小原明子 ニッケイ新聞 2010年5月6日付け  ここに一枚の写真がある。ワシントンのワシントン記念塔をバックにして西村先生と私の2人が写っている。 […]
  • 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(124)2019年7月13日 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(124)  しかし、日本が航空母艦からの長距離攻撃ができなくなったことで、アメリカは陸、海、空統の統一された作戦をはじめ、「島から島へ」というアメリカ軍の新たな戦略をとった。目的はその地を取り返すことではなく、東太平洋地帯に前進する船や飛行機の発着の基地にすることだった。  日本はすで […]
  • 大耳小耳2014年1月9日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年1月9日  本面トップで報じたエクアドル、グアヤキルでの邦人強盗殺人事件。共同通信のほか、多くのメディアで大々的に取り上げられ、日本でも大きな話題となっているが、本紙エクアドル通信員やその周辺の日本人は「こんな悪質な事件は滅多にない。この一件でエクアド […]