fbpx
ホーム | 文芸 | 連載小説 | 道のない道=村上尚子 | 道のない道=村上尚子=(35)

道のない道=村上尚子=(35)

 ある日のことである。
 家の前の庭に、親指の先くらいの蟻が飛んできた。羽が生えていて、空から飛んで来たのだ。飛んで来た蟻は、自分で透き通った羽を、ハラリと落として、庭一面に動き回っている。私はひらめいた。手を伸ばして蟻を拾い、その太い尻をもいで集めた。ものすごい数の蟻だ。鍋に半分になったら、これを火にかけ炒ってみた。
 子供たちを呼んだ。初めそーっと手を出していた娘たちは「オイシーイ!」と云って、まるでお正月でもやって来たような喜びようで、食べてくれた。私は心の中で子供たちへ言った。
「食べてくれてありがとう」
 ところが、私は長い間、鍋の中を覗いていたけれど、ついに食べることは出来なかった。あれは、天がわざわざ蟻を降らせてくれたのだろうか。
 サンパウロの町には、セアーザというところがある。大半は近郊の農作物が、ここへ送りこまれる。このセアーザと近郊農家との間を取り持ったのが運送業である。この業者は、たまたま我が家の向かい側に住んでいた。
 住田さんという。彼は、出荷物の運搬をして、更にセアーザでその荷を売り捌いてくれる。それが便利で全て住田さんの手を通していた。そういった連帯関係で進めてきた私たちの農業に、早くも壁が立ち塞がったのである。

 ある日、私は『百姓って、そんなに難しいものなのかなあ』と思った。そして自分でも何か作って見たいと考えた。
 一郎に少々土地を使う許しを得て、ピーマンを植えることにした。何の期待もしていない一郎は、家の側の荒れ地をオッケーした。肥料は使い果たして無い。それで人糞を水に薄めて撒くことにした。石油の空きカンに紐を通した。これに肥を汲む。ひしゃくは小枝を取ってきて、その先に手頃な空きカンを括りつけた。それにしても、ひどい土地である。素人目にも薄茶色でボロボロの土、自信が揺らいだーしかし、もうスタートはした。私はその土に、肥やしを撒いた。肥えびしゃくを使うたびに、えらいのどかな音を立てた。  

 カラーン、コローンと、山の斜面に二日間響き渡った。この音を聞いて、向かいの小高い地にいる住田のおばさんが出てきて、こちらを眺めている。孫をおんぶして、じっと見ている…… 私は肥を使っていることが恥かしい。でも…… あのおばさんには知られているだろう。
 ピーマンを植えた。ところが、これが見事な出来だったのである。この土地へやってきて、作物らしい作物が始めて出来たのである。小規模ではあったが、それでもみかん箱に二十二箱採れた。ピーマンの肉は厚く、跳ね返すようなエネルギーを発散させていた。
 住田さんが、トラックでやって来た。これまでの、取引を通して、我が家の実情を知り尽くしている。その彼が、ピーマンをまるでいたわるようにして運んだ。その後、私はピーマンのことが気になった。一郎にそれとなく聞いてみた。しかし、なぜか全くわけの分からない説明をした。
 ところが次の日である。孫を連れた住田のおばさんが見えた。
「良かったねえ。ピーマンが高く売れて……」
 と、しみじみした声で言った。後で考えてみると、一郎の自尊心が、売れた結果を言わせなかったのだー

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月31日 東西南北  サンパウロ市地下鉄モノレール15号線の拡張工事が先週から再開された。この線は、モノレール車両をかなり高いところで支える線路と支柱の大きさでかなり目立っていたものの、なかなか工事が進まないため、巨像のような扱いを市民からはされていた。コロナ禍もやや落ち着きはじめたことで、工事が […]
  • 特別寄稿=16世紀の日本人女性奴隷哀史=サルバドールに「女官」いた?=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子2020年10月31日 特別寄稿=16世紀の日本人女性奴隷哀史=サルバドールに「女官」いた?=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子  「16世紀ごろに、日本人が奴隷としてヨーロッパ人に売られていた」。このような歴史的事実を、現代日本人がどのくらい知っているだろうか。  去る10月20日付けニッケイ新聞「樹海」拡大版、深沢編集長による「16世紀に南米へ来た日本人奴隷とユダヤ教徒」を読んだ。「南米に渡った日本 […]
  • 文協=移民史料館が5日から再開=寄付者優先、要予約で週3日2020年10月31日 文協=移民史料館が5日から再開=寄付者優先、要予約で週3日  サンパウロ州政府が外出自粛規制緩和レベルを「5段階中の4段階目」を示す「緑」への引き上げたのに伴い、ブラジル日本文化福祉協会はブラジル日本移民史料館(山下リジア玲子運営委員長)を11月5日から、感染対策を徹底して段階的に再開することを発表した。  コロナ禍で経営が困難に […]
  • 在サンパウロ総領事館=11月休館日のお知らせ2020年10月31日 在サンパウロ総領事館=11月休館日のお知らせ  在サンパウロ日本国総領事館(桑名良輔総領事)は、11月2日(月)が「死者の日」のため休館する。
  • 《ブラジル》盗み働いた路上生活者殺害=車に縛り付け、市中引き摺り回す2020年10月30日 《ブラジル》盗み働いた路上生活者殺害=車に縛り付け、市中引き摺り回す  ブラジル北東部マラニョン州で27日、路上生活者を車に縛り付けて引き摺り回し、死体を放棄した事件の容疑者2人が逮捕された。  同州州都サンルイス市プライア・グランデ区にある統合ターミナル前で男性の遺体が発見されたのは5月17日。その後の調査で、死亡したのは路上生活者の […]