ホーム | 文芸 | 連載小説 | 道のない道=村上尚子 | 道のない道=村上尚子=(14)

道のない道=村上尚子=(14)

 何やかやと大変なことが押し寄せたが、一段落した。こちらも人のことどころではない。産後の養生のため、炊事は私の当番になった。その後、川中さんの指導のおかげで、こちらも自給自足の体制に入っていった。
 少しづつ玉ねぎやキャベツ等が出来始めた。しかし相変わらず、肉もなければ魚もない。主食はあのとうもろこしだけ。とぼしい材料で、皆が飽きないよう工夫しなければならない。
 私は母に比べて手料理は巧かった。日本から小さな機械を持ってきていた。「ミンチ」という手動式のもので、これが大活躍したのだ。とうもろこしは、使う量だけ水に漬けておく。そのふやけた実を、ミンチで砕くのだ。ぽろぽろの粉となり、これをおかゆにしたり、雑炊にしたりした。それにしても、限られた僅かな材料には参った。努力して、料理の目先を変えるのに苦しんだ。炊事場の戦争である。

 こんな時のことである。
 八キロ先に山城さんという人がいた。私たちが奥地で苦労していると聞き、やってきた。山城さんも、もうジョンソン耕地では古株のほうである。一応、そこそこ地盤は出来て落ち着いている。この日、彼は挨拶代わりに、何と黒豆を一俵、馬の背に乗せてやってきた。父より年は上で、大柄な人である。無口で何ともいえない温かみのある器の大きそうな人であった。父とは一時間くらい話を交わし、やがて帰って行った。
 その後、この人にお世話になることになろうとは思ってもいなかったが……
 とにかく、毎日の献立に豆が加わったのだ! 早速、次の日は、餡入りのまんじゅうを作った。日本を出て以来の出来事である。たっぷりした餡子を、とうもろこしの身で包んで蒸した。これに、多めの野菜スープを添えた。
 この寝ころがって食べるおやつのような物……皆、席に着き、両手で支えるようにして、大切そうに食べている。黙々とほおばって、だれも無言であった。まんじゅうに歯を入れると、鮮やかな黄色がこわれて、中から真っ黒な餡が現われ輝いている。この豆が我が家にとって、どんなに新しい力を添えてくれたことか……

 相変わらず、父はみごとに何も手伝わない。彼の話題は、仕事に関するものはない。珍しくこの日、大発見でもしたような、ご機嫌な声を出している。
「夜中に、履物を探して、便所に行く時はランプは要らんぞ。これ見ろ! ほたるで見つけられるぞ!」
 自慢げである。とってきたコップ一杯位のほたるたちが、お尻に灯りを放って動き回っている。なるほど足元は明るくなる。けれども誰も夜中の便所は不要である。
 若者たちは疲れきっているので、朝まで死んだように寝ていて、目も覚めないのである。

 そんな役立たずの父でも、以前よりは大人しくなっていたのだ。その彼が又、もとに戻った。きっかけは、父の恩給が、このパラグアイで受け取れるかも知れない、という情報が入ってからだ。
 恩給とは、戦争で目をやられたその手当てである。右目の前を鉄砲の弾が飛んで、その風圧で失明したのだそうだ。眼の恩給というのは高額らしく、よく憶えてはいないが、二ヶ月おきに受け取る額が三千ドル位になっていたらしい。これが、パラグアイにも送金できそうだ、というのである(父の友人K氏が、生涯代理人として受け取り、ドルを送り続けて下さった)。今は亡き弟卓二が、ひとこと私に言ったことがある。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 新潟農業研修=母県から4人、農家を視察=1400haの大豆農場も2019年1月30日 新潟農業研修=母県から4人、農家を視察=1400haの大豆農場も  新潟県が実施する「平成30年度農業青年等国際交流推進事業」を通じて、青年農業者4人が来伯した。一行は各地で活躍する新潟県人を中心とする日系農家を視察して見聞を広め、23日に帰路に着いた。  本制度は89年に始まり、92年からは新潟への研修生受入がはじまる形で、隔年で […]
  • 道のない道=村上尚子=(7)2016年9月29日 道のない道=村上尚子=(7)  わき道にそれるが、とうもろこしでの思い出がある。  その時から二年過ぎた頃である。弟は独学でスペイン語が何とか解りはじめていた。なので、こんな人里はなれた所にも、細々とした情報は入ってきていた。どうも隣の四キロ先にある所に、人殺しが住んでいるという。パラグアイ人の男で、今警 […]
  • 仏の加護か! 仏具無事着=佛心寺僧侶強盗被害の続報2015年12月12日 仏の加護か! 仏具無事着=佛心寺僧侶強盗被害の続報  【既報関連】サンパウロ市の南米別院佛心寺の現地僧侶2人が乗ったバスがパ国に向かう途中、9日午前1時半頃、パラナ州で強盗に襲われた件で、僧侶の金品は奪われたが、日本の篤志家から集められた仏具等は無事に新寺に届けられていたことが分かった。 日本からの僧侶団は空路でパ国に向かったが […]
  • パナマを越えて=本間剛夫=932015年6月6日 パナマを越えて=本間剛夫=93  小屋の中は黒かったが、老爺がカンテラに火を入れると闇の中から少年と少女二人の顔が浮かび上がった。青年が老夫婦に私を日本人の友人だと紹介した。私たちは旅装を解いて土間に座り込んだ。老婆は土間の隅で夕食の支度を始めるかと思っていると、黄色い厚い煎餅のようなものを差し出した。「 […]
  • 事業説明に耳を傾ける参加者2014年8月14日 CKC=日本輸出ビジネスも視野に=南米日系組合の連携強化会議=首相来伯で人材交流促進へ  中央開発株式会社(CKC、東京都新宿区)はサンパウロ市レプブリカ区のサンパウロ州農業連盟(FAESP)で12日、『第1回日系農業者団体連携強化会議』を行なった。ブラジル、アルゼンチン、パラグアイ、ボリビアから日系農家、日本から農水省国際部の石倉智美さん、在聖総領事館から遠 […]