ホーム | 文芸 | 連載小説 | 道のない道=村上尚子 | 道のない道=村上尚子=(46)

道のない道=村上尚子=(46)

 また、食堂の経営者同士で揉め事が起きる。すると、わざわざクリチーバからやって来て、丸く治めてしまう。何か昔聞いたどこかの親分のような、気風の良さと、人情を持っている男である。
 人情といえば、こんな話もしていた。彼のファゼンダの近くに、猫を捨てる人がいる。それで洋介はその猫に、毎日餌を与えていた。ところがその辺は、猫を捨てやすいのか、少しずつ増えてきて、餌も増えていた。
 普通、家庭で猫にたくさんの子が生まれると、どうしても処分しなくてはならない。殺すのは辛い、ということで、捨て場所を探すと、そのファゼンダの付近が、となるらしい。餌を与えるので、猫たちはそこに住みつき始めた。すると、それを耳にした人々は、真っ直ぐ仔猫を持ってきだした。とうとう百匹を超える、大所帯となる。
 本格的に、使用人の炊いたものを、車で運ぶのだ。猫たちは、普通は一匹もファゼンダの前をうろつかない。洋介の車が来ると、その音をまだ遠くから聞きつけ、ワッと出迎える。他の車が来ても、寄り付きもしない。洋介の車の音を、猫たちが知っているそうだ。これを私へ聞かせる洋介の瞳には、まるで我が子をいっぱい抱えている「おやじ」のようなものが漂う……

 「花園」で三年も働いたころ、ある小料理屋の女将が私を「欲しい」と、マダムに頼み込んだらしい。
 この女将は、客としてちょくちょく「花園」へ現れていた人だ。私は、もう「花園」には、何の未練もなかったので、彼女等同士の話し合いに従うことにした。しかし「花園」を去る最後の日、私の側にマダムが寄って来て、
「あなたにリオの支店を任せようと思ったのに……」と、しみじみ呟いた。驚いた! (一番私が冷たくされていた。その私を?)
(支店のあの女将はもう年なのだろうか?)
 それとも何かわけがあるのだろうか、と一瞬、頭をかすめたが、今となっては他人ごとである。

 「花園」から大分離れた所に、この小料理屋はあった。ここの女将は「花園」のマダムより若く、何か憎めない人であった。近所で働いている、商社マンたちが入ってきて、繁盛している。板前一人と、小柄なばあさんがいた。彼女は、板前たちと、たまに言い争いをするが、話が判れば、さっぱりと尾は引かない。この婆さんが、私によく過去の話をしてくれた。
 それを少し書きたい。
 ばあさんは、読書が何よりの趣味である。昔は商社の社長宅で、お手伝いとして働いていた。彼女がその家で、働くかどうかは給料の額ではない。その家に入って行き、本が棚にどれくらい並んでいるかで決める。多ければそこで働き、そこの本を全部読み終えたら、そこは出て行くという。
 ある社長宅でのこと。夜中に日本からの国際電話が鳴り響いた。ばあさんは、よろめいて起き上がり、受話器を取る。機嫌が悪くなっている。向こうから声がした。
「どちらですか」
「どちらですと? 先ずそっちから名を名乗んなっせい! 武士じゃあないけんど!」
「いやあ、申し訳ありません。私は○○商社の者で○○○と言います」
「そのくらいの地位のもんが、この時間がブラジルでは、どんな時間か分かりまっしょうも!」
 と叱りつけた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 道のない道=村上尚子=(81)2017年2月10日 道のない道=村上尚子=(81)  やがて、二人で外へ買い物に出た。道を歩きながら、ひろ子がしみじみとした声で、自分へとも私へともつかず言っている。 「不思議ねえ……今なぜか昔ママイに色々してもらったことを、思い出しているよ。今まで何も思い出したことがなかったのに。例えば、六歳くらいの頃かしら、ママイが私に服 […]
  • 道のない道=村上尚子=(2)2017年2月7日 道のない道=村上尚子=(2)  又、女性の中には、精神的に参っている人が多く、私に馴染んでくると、身の上話をしたい女性が増えた。しかし、治療中に喋られると、私が集中出来なくて大変困る。適当に聞いとけばよかろうと思うだろうが、話している方は、布団を叩いて泣きながら話しているのだ。  これほど、のたうち回って […]
  • 道のない道=村上尚子=(79)2017年2月8日 道のない道=村上尚子=(79)  初めは、彼にも私のポルトガル語が分からなかったのだと思える。しかし、段々私式のポルトガル語が理解出来るようになったのであろう。人間、どんな難しい問題でも、訓練と慣れとで、解決して行くものである。このへんな才能を持った生徒が、私が一言喋るその度に、ポルトガル語で皆に通訳している […]
  • 道のない道=村上尚子=(75)2017年2月2日 道のない道=村上尚子=(75)  私はそのとき、何か一瞬にして肩から覆い被さったものが取れた。父は、空の便器を引き寄せ、その中へ手を入れては、何かをつまみ出して、口に入れている……父の頭では、何か食べ物が入っているらしい。これを見て、私はいいことを思いついた。 「お父さん! ぼたもちばい!」  と、さも牡 […]
  • 道のない道=村上尚子=(36)2017年2月3日 道のない道=村上尚子=(36)  そうこうする内、人に貸していたアパートが空いたので、そこへ移った。色々、身辺の整理も終わった頃、数冊の私の日記帳が出て来た。特に、ここ一年間の日記は、癌病の父の介護、その闘いの日々であった。分刻みの看病のことが、克明に書かれていて、何か見ているとその日記帳そのものが、生きもの […]