ホーム | 文芸 | 連載小説 | 道のない道=村上尚子 | 道のない道=村上尚子=(82)

道のない道=村上尚子=(82)

ゴムの樹

 アナホーザにある碁会所のそばには、ゴムの大樹がある。
 四十年も前には、痩せた貧弱な木であった。建物の陰、しかもセメントの歩道の端で、この木はなんとか生きていた。
 人間ならこの環境を逃げ出すことができる。が、この木は耐えた。
 そして、動けない木の根は、下へ下へと伸びていって逞しくなり、ついには固いセメントをひび割れさせて、歩道を盛り上げている。
 見上げるような幹の、高い所からも、腕のような太い根を数十本もぶらさげて、それらも又、地面に届くと、下へ下へともぐり込んでいっている。
 この樹が、いまでは小鳥たちに巣を作らせ、虫たちもそこで生活している。
 枝は、あの油を塗ったような光る葉を重たいほどつけている。
 それが碁会所と、隣の老人ホームへの厳しい日差しをかばうように広がって、陰を作っている。
 このゴムの樹は、碁会所の門を毎日出入りする会員の、ひとりひとりを見守っている。
 ある日、杖をついた男が、門を入って行った。見るからに痛々しい歩き方だ。
 事故に遭ったとのことである。七十歳くらいか。
 じーっと見下ろしていたゴムの樹は、《大分歩けるようになったな》と呟く。
 又、ある日、痩せ型の中年の男が門から出てきた。彼は、身の置き場もないほど肩を落としている。
《決勝戦で負けてしまったか・・・次の試合は、きっと勝つ》と、樹は励ます。
 ひろ子の件を含めて、身辺が落ち着いたので、私も久しぶりに碁会所に向かった。
 日本へ一時落ち延びていたことも、もちろんゴムの樹は知っている。
 あの頃のサンパウロは、私にとって地獄であった。
 それが今は、私の心を慰めてくれるところに変わっている。
『年を取ってからの友人は出来にくい』と聞いている。
 が、そうではなかった。
 このサンパウロに、たくさんの男女の仲間が出来た。
 そのひとりは、嘘つきであったり、もうひとりは、ちょっと気に入らないと『プッ!』とふくれたりする。
 そしてあるひとりは、昼どき急に私のアパートへやって来て、私の分を半分平らげる。
 やがて、「行ってきまぁーす!」と言って出て行く。
 けれども雨が降ったら《ソッ》と、傘をさしかけてくれる人たちでもある。
 門を入ろうとすると、樹は話しかけてきた。
 《やっと『目がふたつ』出来たなあ・・・》

☆「目がふたつ」とは碁のルール。その石は殺されないで、最小限度生きて行ける形。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》警官が2、7歳の幼女を保護=両親の遺体の横で数日過ごす2020年9月30日 《サンパウロ市》警官が2、7歳の幼女を保護=両親の遺体の横で数日過ごす  29日未明、サンパウロ市東部イタイン・パウリスタ区で、男女2人の遺体が見つかり、そばにいた2歳と7歳の女児が保護された。  遺体が発見されたのはイタイン・パウリスタ区ジャルジン・ミリアンの民家で、亡くなった男性と同じ敷地内に住む男性の兄弟からの通報を受けて駆け付けた […]
  • 《ブラジル》コロナ感染者続発でサッカー試合中止?=裁判所の判断で試合は実現も2020年9月30日 《ブラジル》コロナ感染者続発でサッカー試合中止?=裁判所の判断で試合は実現も  新型コロナウイルスの感染拡大のペースが落ちてきた事で試合が再開されたサッカー。だが、選手やスタッフが感染した場合は、陣容が整わないとか、濃厚接触によって感染が拡大するのを避けるために試合を中止して欲しいといった、やり取りが起こりかねない。  その一例が、27日の午後 […]
  • 《ブラジル》パラー州=連警が保健関連の汚職捜査=知事を含む要人らが対象に=12億レアルの不正契約?2020年9月30日 《ブラジル》パラー州=連警が保健関連の汚職捜査=知事を含む要人らが対象に=12億レアルの不正契約?  連邦警察が29日、パラー州での保健関連の汚職摘発のための一斉捜査を行い、エルデル・バルバーリョ知事(民主運動・MDB)を含む、州政府要人や公立病院などが逮捕や家宅捜索の対象となったと同日付現地紙サイトが報じた。  「SOS作戦」では、パラー州政府と同州内の公立病院の […]
  • 【日本移民112周年記念】「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 桑名良輔2020年9月30日 【日本移民112周年記念】「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 桑名良輔  日本人ブラジル移住112周年記念に際し、御挨拶を申し上げます。   1908年に最初の移民船笠戸丸がサントス港に到着してから今年で112年となります。多くの先達の方々がこの広大なブラジルの地を訪れ、厳しい環境の中、幾多の困難を乗り越え今日のブラジル日系社会の発展の礎 […]
  • 東西南北2020年9月30日 東西南北  サンパウロ市市長選に立候補しているギリェルメ・ボウロス氏(社会主義自由党・PSOL)が、ボウソナロ大統領を批判したとして、連邦警察から事情聴取を受けることになるという。また、インタビュー中に「ボウソナロ、辞めろ」と叫び、話題となった女子ビーチバレー選手のカロル・ソルベルグが、 […]