ホーム | 文芸 | 連載小説 | 道のない道=村上尚子 | 道のない道=村上尚子=(62)

道のない道=村上尚子=(62)

 そのうち生活は、いよいよ貧しくなり、水代も惜しくなってきた。私はあの食堂の資金を貸したA子を思い出した。今はバイア州で成功しているという噂を聞いている。「借金を返してほしい」と伝えてみた。彼女なら、すぐに返済してくれるはずだと、軽く考えていた。ところが、
「そんな人だとは、知らなかった!」
 と、大層恨んでいるとのこと。私には訳がわからない。今の私の状況を詳しく説明する気力がない。
 数日後、中肉中背の、温和な顔をした男がやって来た。この人が例のA子の恋人、大学教授だとすぐに分かった。彼は言った。
「もう少し、金は待って欲しい、とA子が言っています」
 私の視線を避けるようにして、頭を下げた。このうちひしがれたような彼を見ると、今は向こうも金の都合がつかないらしいことが分かった。そして、高価そうな海産物の手土産を、そっと置いて帰って行った。数ヵ月後、A子は金を返してくれた。しかし顔も見せない、「ありがとう」もなかった……
 
 長女のひろ子は、二年前に結婚していた。
 私には唯一、小さなアパートが残っている。これに琴子を住まわせて、アルバイトをしながら夜学へ通うように言って聞かせた。私は日本へ行って仕事をすることを決意した。その前にすることがある。それは、新聞社へ問い詰めに行くことである。この日は丁度、編集長らしき人がいた。社へ来た理由を述べると、その男は言った。
「今まで色々な人のことを書いてきたが、社まで乗り込んで来たのは、あんたが初めてだ」
 と言って、楽しそうに笑っている。誠意のカケラもない。しかし、もう一ヵ所だけ行ってみる所がある。
 文協内にいる弁護士を訪ねたのだ。 
「新聞社を訴える」という話を聴いた彼は、短い首を上げ、
「それで、いくら欲しいんだ!」と、あごをしゃくった。
「いくらでも取れるだけ! そして勝ったらそれは全部貴方に差し上げます」
 と静かに言った。小バカにしていた目が、一瞬まともになり、少し考えていたが、
「私は日系の団体を守るために仕事をしている。なので、その話は受けられない」
 断られてしまった。この時ほど、私はたった一人なのだと感じたことはない。崩れて行く時はあっという間で、私はもう終わってしまったのだ。

     日   本   へ

 私が日本を出て来たときは、十九歳であった。友だちも知り合いもいない遠いブラジルなど、来たくはなかった。あれから二十五年もの歳月は流れて、四十四歳にもなってしまった。忘れようにも忘れられないはずの日本が、さあ帰ることになってみると、知り合いもない、親戚付き合いもない…… 第二の外国になってしまっている。
 ほんの一時、向こうで落ち着くまでの間、友行を頼るより仕方がない。彼へ、わけを説明した手紙を出してみると、嫌味のひとつも言わずに、協力してくれるという。
 身辺の整理が済んで、私はリベルダーデから約三十キロ先の、タボン・ダ・セーラという処に住んでいる父母の許へ行った。今までのいきさつと、日本へ仕事に行くことを報告した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■今週末の催し2018年9月20日 ■今週末の催し  22日(土曜日)  第38回花といちごの祭典、午前9時から午後6時まで、アチバイア市エドムンド・ザノニ市立公園(Av. Horácio Neto, 1030 - Jardim Tapajós)、金・日曜も      ◎  名画友の会、22日昼12時半、熟連会館(Rua […]
  • 総人口2億850万人に=最大の市サンパウロは1217万人2018年8月30日 総人口2億850万人に=最大の市サンパウロは1217万人  地理統計院(IBGE)が29日、7月1日現在のブラジルの総人口は2億849万4900人と発表したと同日付現地紙サイトが報じた。昨年の総人口は2億766万929人だったから、83万人強増えた事になる。1億7230万人だった2001年と比べると、21%増えている。  市単位での […]
  • 《ブラジル》デング熱による死者62人=チクングニア熱でも8人死亡2018年7月7日 《ブラジル》デング熱による死者62人=チクングニア熱でも8人死亡  保健省が6日、17年12月31日~18年6月9日に感染が確認されたデング熱患者は1659人、死者は62人と発表した。感染者中、136人は重症、1523人も要警戒とされたと同日付現地紙サイトが報じた。  デング熱の疑似症患者(ある伝染病と疑われる症状が出た患者)の地域別発生率 […]
  • 大耳小耳2018年1月17日 大耳小耳  バイア州サルバドールで14日、サンパウロ州タボアン・ダ・セーラ在住の男性が黄熱病で死亡していたことがわかった。この49歳の男性は年明けから故郷バイア州イタベラーバで休暇を過ごしていたが、5日から体調を崩して9日まで同市の医療施設に入院したあと、サルバドールの病院に移って治療を […]
  • 黄熱病=サンパウロ大都市圏の死者6人に=3州で予防接種キャンペーン2018年1月11日 黄熱病=サンパウロ大都市圏の死者6人に=3州で予防接種キャンペーン  サンパウロ州保健局が9日、州内での黄熱病による死者は、サンパウロ大都市圏の3人を含む13人に増えたと発表したが、同日付伯字紙サイトはその後、同大都市圏だけで死者が3人増えたと報じた。  州保健局の発表では、昨年7月以降、黄熱病感染が確認された患者は29人で、13人が死亡。全 […]