ホーム | 文芸 | 連載小説 | 道のない道=村上尚子 | 道のない道=村上尚子=(62)

道のない道=村上尚子=(62)

 そのうち生活は、いよいよ貧しくなり、水代も惜しくなってきた。私はあの食堂の資金を貸したA子を思い出した。今はバイア州で成功しているという噂を聞いている。「借金を返してほしい」と伝えてみた。彼女なら、すぐに返済してくれるはずだと、軽く考えていた。ところが、
「そんな人だとは、知らなかった!」
 と、大層恨んでいるとのこと。私には訳がわからない。今の私の状況を詳しく説明する気力がない。
 数日後、中肉中背の、温和な顔をした男がやって来た。この人が例のA子の恋人、大学教授だとすぐに分かった。彼は言った。
「もう少し、金は待って欲しい、とA子が言っています」
 私の視線を避けるようにして、頭を下げた。このうちひしがれたような彼を見ると、今は向こうも金の都合がつかないらしいことが分かった。そして、高価そうな海産物の手土産を、そっと置いて帰って行った。数ヵ月後、A子は金を返してくれた。しかし顔も見せない、「ありがとう」もなかった……
 
 長女のひろ子は、二年前に結婚していた。
 私には唯一、小さなアパートが残っている。これに琴子を住まわせて、アルバイトをしながら夜学へ通うように言って聞かせた。私は日本へ行って仕事をすることを決意した。その前にすることがある。それは、新聞社へ問い詰めに行くことである。この日は丁度、編集長らしき人がいた。社へ来た理由を述べると、その男は言った。
「今まで色々な人のことを書いてきたが、社まで乗り込んで来たのは、あんたが初めてだ」
 と言って、楽しそうに笑っている。誠意のカケラもない。しかし、もう一ヵ所だけ行ってみる所がある。
 文協内にいる弁護士を訪ねたのだ。 
「新聞社を訴える」という話を聴いた彼は、短い首を上げ、
「それで、いくら欲しいんだ!」と、あごをしゃくった。
「いくらでも取れるだけ! そして勝ったらそれは全部貴方に差し上げます」
 と静かに言った。小バカにしていた目が、一瞬まともになり、少し考えていたが、
「私は日系の団体を守るために仕事をしている。なので、その話は受けられない」
 断られてしまった。この時ほど、私はたった一人なのだと感じたことはない。崩れて行く時はあっという間で、私はもう終わってしまったのだ。

     日   本   へ

 私が日本を出て来たときは、十九歳であった。友だちも知り合いもいない遠いブラジルなど、来たくはなかった。あれから二十五年もの歳月は流れて、四十四歳にもなってしまった。忘れようにも忘れられないはずの日本が、さあ帰ることになってみると、知り合いもない、親戚付き合いもない…… 第二の外国になってしまっている。
 ほんの一時、向こうで落ち着くまでの間、友行を頼るより仕方がない。彼へ、わけを説明した手紙を出してみると、嫌味のひとつも言わずに、協力してくれるという。
 身辺の整理が済んで、私はリベルダーデから約三十キロ先の、タボン・ダ・セーラという処に住んでいる父母の許へ行った。今までのいきさつと、日本へ仕事に行くことを報告した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 道のない道=村上尚子=(69)2017年1月21日 道のない道=村上尚子=(69)  町枝に対する返事のとき私が強調したことは、私がいかに亭主関白で、タツヨに対して、良い夫でなかったとしても、タツヨの立場に立って私を責めることはない、何かお前は忘れていることはないか。それはタツヨは、お前たちの母親である以前に、私の妻であるということ。 […]
  • 道のない道=村上尚子=(59)2017年1月4日 道のない道=村上尚子=(59)  そうこうする内、上司のUさんや、あと二、三名が碁を打つことも分かった。私も初心者ではあったが、Oさんと丁度良い相手となり、楽しい。上司は友行と打ち、たまに私が声援をUさんへ送ったりした。この大広間は遊び場になった。  ある時など、S君に日本からの手紙が届くと、みんながいたず […]
  • 道のない道=村上尚子=(64)2017年1月13日 道のない道=村上尚子=(64)  どうやら、この寺の家族は、私を友行の嫁として、受け止めているらしい……困ったことになった。  寺では、父親が亡くなり、弟が継いでいて、かわいらしい息子と嫁もいる。母親は、一応この寺では、私の義母ということになったので、私は彼女を「お母さん」と呼んだ。痩せた小柄な人で、温かみ […]
  • 道のない道=村上尚子=(52)2016年12月16日 道のない道=村上尚子=(52)  「円苔」の客層も決まり、すっかり経営は軌道に乗っていた。しかし洋介は遠慮して、店に来たのは二度くらいであった。それでも彼はクリチーバからやって来るたび、私の報告を楽しんでくれているのが分かる。洋介のほうも、私にいろんな話を聞かせているが、内容が少しづつ変わって来ていた。例えば […]
  • 道のない道=村上尚子=(55)2016年12月21日 道のない道=村上尚子=(55) 「『円苔』は、早く閉めます。この店ではありません」  と言うと、聞く耳持たずの顔。こんな狭い呑み屋に、一人の陰気な客が「でんっ」と場所を取り、皆を刺すように見ている。客たちは、この場違いそうな女を見て、事情は大体察しはついているらしい。まるで自分たちが叱られている子供のように […]