fbpx
ホーム | 日系社会ニュース | ブラジリアで和食講習会=シェフ招き日語普及協会が

ブラジリアで和食講習会=シェフ招き日語普及協会が

参加者らで記念写真

参加者らで記念写真

 ブラジリア日本語普及協会が13日、日本農水省による「日本食普及の親善大使」小池信也シェフを招き、地区研修会「健康な生活を支える和食の力」をブラジリア日本語モデル校で開催した。
 鮭飯、南瓜のすり流しなど小池シェフによる調理法が紹介され、世界無形文化遺産となった和食が持つ健康的な一面や基礎知識、和食器の歴史についての講演も行なわれた。
 和食で摂れる栄養素や西洋食器との違い、縄文時代まで遡る和食器の歴史などを説明。約40人の参加者に、和食についての新たな発見をもたらした。試食会も行なわれシェフの料理に舌鼓を打った。
 日本大使館からも藤村和広大使代理が出席。普及協会に対し「日語学習への動機付けのためにも、日語教師が日本文化を魅力的に語れることが大事」と鼓舞した。また大條茂太参事官、JICAの佐藤真司次長も訪れた。
 同協会は日本文化を学び日語教育に役立てる目的で1日研修を年に3回、3日研修を2回行っている。昨年は書道家の鎌田悠紀子書展を開催するとともに、同氏から書道の指導を受けた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 左から二人目が吉安会長、次が原沢さん2015年7月1日 原沢さんが憩の園に寄付=8日に5万レアルを渡す  原沢和夫さん(91、新潟)が8日午後2時頃、救済会「憩の園」(吉安園子会長)に5万レアルを寄付した。文協ビル内の同事務所で、吉安会長に加え、同じ新潟県人で救済会役員の相田祐弘さん、笠原佰(はく)さんらが小切手を受け取った。 原沢さんは1970年頃から同園にクア […]
  • サンパウロ州コロナ禍=拡大抑制のための措置続く=店の営業やバスの運行も停止2020年3月20日 サンパウロ州コロナ禍=拡大抑制のための措置続く=店の営業やバスの運行も停止  【既報関連】16日に国内初の新型コロナウイルスによる死者が出(確認は17日)、18日にも3人の死亡が確認されたサンパウロ市や周辺の自治体が、感染拡大抑制措置を相次いで発表していると18、19日付現地紙、サイトが報じた。  サンパウロ州のジョアン・ドリア知事やサンパウ […]
  • 東西南北2019年4月9日 東西南北  ダッタフォーリャの調査で、大統領就任100日目での支持率が過去の大統領に比べて低いことが明らかになったボルソナロ大統領。こうした支持率の低さは、これに先駆けて行われた他の調査機関の調査でも似た結果が出ていた。だが、大統領本人は意に介さず、「最初の100日間で予定していたことの […]
  • ブラジル話に花咲く=河内長野で田所フェスタ2004年7月1日 ブラジル話に花咲く=河内長野で田所フェスタ 7月1日(木) […]
  • モジ文協=第2回すき焼き祭り8月8日=ドライブスルーで大好評=写真=すき焼きセット2020年7月17日 モジ文協=第2回すき焼き祭り8月8日=ドライブスルーで大好評=写真=すき焼きセット  サンパウロ州モジ市にあるモジ・ダス・クルーゼス文化協会(津田フランキ会長)は、早くも第2回「ドライブスルーすき焼き祭り」を8月8日に開催することを決めた。  津田会長(三世、52歳)は、「6月27日に開催した第1回では、230セットを販売することができました。このコ […]