ホーム | 日系社会ニュース | 当選者にエティオスが=援協リッファで贈呈式

当選者にエティオスが=援協リッファで贈呈式

駐車場でエティオスの贈呈を受ける当選者

駐車場でエティオスの贈呈を受ける当選者

 サンパウロ日伯援護協会(菊地義治会長)が17日午前、2016年度のリッファ商品贈呈式を本部神内ホールで行った。1等のトヨタ・エティオス車にはジャケリーニ・R・カルヴァーリョさんが当選した。
 協力企業であるトヨタ、ホンダ、パナソニック各社の代表者も訪れ、当選者らに商品を授与した。2、3等はホンダのオートバイ、4、5等にはパナソニックの冷蔵庫と洗濯機が贈られた。
 家族、恋人とともに来場した1等当選者のジャケリーニさんが当選者を代表してあいさつ。「受賞させてくれた人、一緒に来てくれた皆に感謝しています」と当選の喜びを語った。
 今年も10枚綴り2500冊を完売、約34万レを売り上げた。菊地会長は「今回参加してくれた皆さん、協力してくれた企業の皆さんに感謝します」とあいさつし、援協から各企業に感謝プレートが贈呈された。当選者は以下の通り(敬称略)。
 1等=ジャケリーニ・R・カルヴァーリョ、2等=ウィルソン・T・ヨコイ、3等=ジュリアナ・C・リマ、4等=カルロス・A・オリヴェイラ、5等=ジョゼ・R・エルナンデス

image_print

こちらの記事もどうぞ