ホーム | 文芸 | 連載小説 | 道のない道=村上尚子 | 道のない道=村上尚子=(49)

道のない道=村上尚子=(49)

 が、私の魂が踊っている。これほどの活力が、どこから湧いてくるのか…… バロン・デ・イグアッペ通りに、気に入った場所を見つけた。中国人のもので、貸し出していた。

 私とこの女主人は、ポルトガル語がまるで駄目、筆談ということになった。私は僅か知っている漢字を、数個並べるだけ。ごたごた要らない文字が無いだけ、お互いよく分かった。私が彼女に頼みたいことは、今から呑み屋を開けるので、その許可が取れるまでは、契約を待って欲しいというものであった。女主人は了解した。
 ところが、一ヶ月ももたついて、フィスカール(検査官)の許可は下りなかった。私は落胆してしまった。
 待ってくれていた女主人へ、又二、三文字並べて、頭を下げた。スタートからみじめに失敗をして、出足を挫かれてしまった。涙が頬を伝わって、顔も上げられないほど悲しみながら、一ヶ月分の家賃を倍にして、小切手を差し出した。
 すると女主人は、その小切手をそっと押し返し、もう一度、フィスカールと交渉しなさいと、励ましてくれて、私は半分ほど希望を取り戻した。彼女は、
「フィスカールは、金が欲しいのだから、少し握らせなさい」とも言った。彼女の励ましと知恵のお蔭で、一週間すると、許可は下りたのだ。この時、女主人に、「私と商売をやらないか」と誘われたが、断った。
 この一連の話を、洋介にした。彼はすぐにその金を払ってくれて、今度はこの店のために、洋介が立ち上がった。彼は顔が利いていて、宮大工という者を連れてきて見積もらせた(宮大工というのは、釘を使わないで建てる古典的な技術者)。なぜそのようなものに、こだわるのか私には分からない。大工の見積りを聞いた洋介は、即座にその額を半分に値切った。ところが大工の方も「それじゃあ、古い木材を使いましょう」ということで、十分もかからないで双方解決したのには、びっくりした。洋介が相場を知っていたのか……
 この小さな面積の店は、L字型にカウンターを据え、入口の半分は、下を腰板、上が窓になっている。問題は、いよいよ宮大工の腕の見せどころである、天井だ! 船底造りにするという。本当に、出来上がって見ると、舟の底のようだ。見上げると、舟を浮かべた湖面にいるような、落ち着きを出している。洋介の宮大工にこだわった理由が分かった。カウンターには、八脚の椅子、後の飾り棚もバランスよく、実用を兼ねて取り付けされている。
 店の名前は「円苔」、字画数にこだわった。意味は何もない。ただゴロが良いと思った。入口には、のれんを下げて、《お酒の店》と書いて染めてみた。さあ! これからという時である。近くの本屋のMさんが、通りかかった。
「尚子さん、この辺がどんな所か知っています? 軒並み呑み屋が並んでいますが、女たちは身を売っているのですよ! こんな場所で店を出すもんじゃあありません」
 全く私はゆるがない。それにすでに手を出している。普通の呑み屋を必要とする客もきっといるはずだと思っていた。昼間は、腕をふるって、つまみを作った。ただ私が一滴も酒が飲めないので、どんな物がつまみにいいかが分からない。なんとか、七、八種類、用意した。それを、透けて見える器に入れて並べた。
 初日は、客が六名入った。次の日から段々増えてきている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 道のない道=村上尚子=(81)2017年2月10日 道のない道=村上尚子=(81)  やがて、二人で外へ買い物に出た。道を歩きながら、ひろ子がしみじみとした声で、自分へとも私へともつかず言っている。 「不思議ねえ……今なぜか昔ママイに色々してもらったことを、思い出しているよ。今まで何も思い出したことがなかったのに。例えば、六歳くらいの頃かしら、ママイが私に服 […]
  • 道のない道=村上尚子=(2)2017年2月7日 道のない道=村上尚子=(2)  又、女性の中には、精神的に参っている人が多く、私に馴染んでくると、身の上話をしたい女性が増えた。しかし、治療中に喋られると、私が集中出来なくて大変困る。適当に聞いとけばよかろうと思うだろうが、話している方は、布団を叩いて泣きながら話しているのだ。  これほど、のたうち回って […]
  • 道のない道=村上尚子=(79)2017年2月8日 道のない道=村上尚子=(79)  初めは、彼にも私のポルトガル語が分からなかったのだと思える。しかし、段々私式のポルトガル語が理解出来るようになったのであろう。人間、どんな難しい問題でも、訓練と慣れとで、解決して行くものである。このへんな才能を持った生徒が、私が一言喋るその度に、ポルトガル語で皆に通訳している […]
  • 道のない道=村上尚子=(75)2017年2月2日 道のない道=村上尚子=(75)  私はそのとき、何か一瞬にして肩から覆い被さったものが取れた。父は、空の便器を引き寄せ、その中へ手を入れては、何かをつまみ出して、口に入れている……父の頭では、何か食べ物が入っているらしい。これを見て、私はいいことを思いついた。 「お父さん! ぼたもちばい!」  と、さも牡 […]
  • 道のない道=村上尚子=(36)2017年2月3日 道のない道=村上尚子=(36)  そうこうする内、人に貸していたアパートが空いたので、そこへ移った。色々、身辺の整理も終わった頃、数冊の私の日記帳が出て来た。特に、ここ一年間の日記は、癌病の父の介護、その闘いの日々であった。分刻みの看病のことが、克明に書かれていて、何か見ているとその日記帳そのものが、生きもの […]