fbpx
ホーム | 文芸 | 連載小説 | 道のない道=村上尚子 | 道のない道=村上尚子=(63)

道のない道=村上尚子=(63)

 二人とも反対はせず、言葉が少なかった。母は、私の見送りのため、バスの停留所までついて来た。あの赤い土埃を巻き上げる田舎道で待っていると、バスはやがてやって来た。私は、バスに乗り込んで、発車し始めると、後の席に移動した。手を振るためである。
 ところが、あの痩せた小さな母は、道の真ん中にしゃがみ込むと、うつむいた。何となく草をむしっている。バスが曲がり角に来ても、母はとうとう見えなくなるまで顔を上げなかった……結局、それが、母を見た最後の姿だとは、思ってもみなかった。

 二十五年ぶりである。
 羽田空港に降り立つ前に、機内で一枚の用紙を貰っていた。見ると何か一般的でない専門的用語が並んでいる。何を書き込んで、どこへ提出するのか、さっぱり分からない。重要そうでもある。港内の職員らしい若い男を呼び止めた。
「あの、これはどうすればいいのでしょうか」
 と尋ねた。彼は用紙を受け取り、一瞥すると、
「日本語で書いてあります!」
 と私へ用紙を突き返して、行ってしまった……「恐ろしい……」
 これが故郷の土を踏んで、最初に言葉を交わした日本人であった……その用紙は思い切って捨てた。いま考えると、どこからどんな乗り物に乗って行くのか、まるで分からない。その私が、何とか九州の福岡に着いたのだ。日本語だらけのこの国より、片言でブラジル中を旅行するほうが楽だと思った。

 友行が出迎えてくれた。彼には特別な感情は湧かないが「ほっ!」と出来た。
 私は詳しいことを何も知らずにやって来たが、友行は、奥さんと復縁せずに、一人で暮らしていた。だからといって、心情的なものが、解決したわけではない。私の心の中は、あの時以来、整理されたままになっている。それなのに、たとえほんの少しの間でも、生きるためとはいえ「彼に頼っている自分!……こんな筋の通らない自分」に、経験したことのない、情けなさを感じた。そして何より友行に申し訳ないと、心底思った。
 一方、友行の振る舞いも、私に対して少し醒めている……が、根が優しい男である。彼はまず自分の実家へ、私を連れて行った。いきなり実家へなど行く気もなかった。ただこちらへ来て、私の身辺が落ち着くまでの世話を頼みたかっただけだった。友行の実家は、寺だと聞いてはいたが、当然そこへ足を踏み入れるのは、始めてである。

 寺の入口を入ると、右手は大きな建物で、この寺の家族はこの中の一角で生活をしている。左手には別棟があって、その中には仏像が並んでいる。信者たちは、ここへの出入りは自由らしく、お賽銭を上げて、手を合わせている。この大小、二棟の前は、広々した庭園で一応、木や花も植えられ、手入れされているのが分かる。その庭の終わるあたりに、もう一棟ある。母屋と並行に向かい合って御堂が建っている。ここはしんとして、何か威厳を持った仏像が座っている。
 更に、その横手には、小さな裏門があり、そうとう古い仏像が三体、外気にさらされて立っている。仁王のような仏像で、木彫りの牛ほどもある大きなものである。長い年月で出来た、木目のひびの一つ一つに、長い長い歴史の香りがしてきて、重みのようなものが感じられた。私はこの寺の中の仏像たちでは、この三体に一番惹かれるものがあった。友行の説明では、彼のひいお祖父さんが「この寺を乗っ取った」という伝説があるらしい―

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 自国第一主義は結局ソン?2018年12月6日 自国第一主義は結局ソン?  1日に、G20首脳会議の首脳宣言で「保護主義と戦う」の文言が初めて削られたと聞き、自国第一主義台頭への危惧感を再び感じた▼自国第一主義台頭への警鐘は、第一次世界大戦終結100周年のマクロン仏大統領の演説でも鳴らされた。だが、11月17~18日開催のアジア太平洋経済協力会議で首 […]
  • ブラジル人研究者、調査協力求める=戦時中サンパウロ市で生活していた人2017年8月26日 ブラジル人研究者、調査協力求める=戦時中サンパウロ市で生活していた人  フランスの国立社会科学系大学「社会科学高等研究院」(EHESS)のモニカ・ライサ・シュプン教授(ブラジル人)が、「戦争中のサンパウロ市における日本移民迫害」を調査するために今月始めから滞在し、戦時中にサンパウロ市に住んでいた日本移民、日系人を探し、当時の体験談を集めて […]
  • サンパウロ州相撲大会、今週末に=世界大会への選手派遣に協力を!2019年3月22日 サンパウロ州相撲大会、今週末に=世界大会への選手派遣に協力を!  ブラジル相撲連盟(土屋守雄オスカル会長)は「第41回サンパウロ州男子相撲選手権大会、第21回サンパウロ州女子相撲選手権大会」を、24日午前8時からボン・レチーロ区の常設土俵場(Av. Presidente Castelo Branco, […]
  • 被害者は3日に1人!=USPでの強盗事件増加2014年10月3日 被害者は3日に1人!=USPでの強盗事件増加  サンパウロ市西部にある州立サンパウロ総合大学(USP)が、1~8月にブタンタン・キャンパスで起きた強盗事件は80件に上り、昨年同期の36件の倍以上となったと発表した。 サンパウロ州保安局によると、同地区に設けられた軍警大隊とバーゼ・コミュニタリアは今年、200人以上を現行 […]
  • 楽書倶楽部、第13号2012年4月24日 楽書倶楽部、第13号 ニッケイ新聞 2012年4月24日付け  日毎叢書企画出版の『楽書倶楽部』第13号が刊行された。  「グローバル・エコノミー」(中村勉)、「アマゾンの食物誌12」(醍醐麻沙夫)、「K子ちゃん」宮島右近、「小説 月のかけら 二」筑紫橘郎ほか。 […]