ホーム | 日系社会ニュース | 週末の現金引き出し注意!=あわやカード詐欺の被害に

週末の現金引き出し注意!=あわやカード詐欺の被害に

 先日「大耳小耳」欄に掲載された『サンタンデール銀行での邦人詐欺被害』の記事を見て、「全く同じ手口で被害に遭いそうなった!」と、戦後移住者の高野えい子さん(77、一世)が一部始終を語りに編集部を訪れた。
 3カ月前ごろの日曜日、聖市ガルボン・ブエノ通りのサンタンデール銀行支店の現金自動引出機で現金を引き出そうと、カードを差し込んだところ機械から出てこなくなった。
 その時、困っていたところ、後ろに立っていた女性が「ブロッキア(口座封鎖)してもらったほうがいい」と親切な振りをして近づいてきた。その女性が自分の携帯電話で銀行緊急窓口らしきところにつなぎ、高野さんの事情を伝えた。すると、「ブロッキアするのにパスワードが必要」といわれて教えると、その彼女は「これでもう安心よ」と、さも手続きが終了したかのように言ってきた。
 高野さんは、その女性を不審に思い、急ぎの用もなかったので一人店内で20分ほど腰掛けて待っていた。すると、鍵をたくさんつけた男が店内に入ってきた。後ろに座っていた高野さんに気づかず、その男はカードが挟まった現金自動引出機を鍵で開け、カードを取り出した。
 高野さんが「銀行員ですか」と声をかけても無反応なので、「カードを返して下さい」と強く言うと、ようやく手渡し、そのまま立ち去っていったという。つまり、銀行員かその関係者が関わっている可能性がある。
 その後、ブロッキアされているかを確認すると、されていなかった。あと一歩のところで被害に遭う寸前だった。
 高野さんは「複数犯の可能性が高い。店内に銀行員がいない週末に、機械から引き出すときは特に気をつけて。不審者がいないか周囲を良くみて、ブロッキアするのであれば、信頼の置ける人に手伝ってもらう方がいい。冷静に焦らず判断して」と呼びかけている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 台風19号=岩手県人会が母県に見舞金=菊地氏が訪日して手渡す2019年11月8日 台風19号=岩手県人会が母県に見舞金=菊地氏が訪日して手渡す  ブラジル岩手県人会(千田曠暁(ちだ・ひろあき)会長)は、台風19号で大きな被害が出た岩手県に、見舞金として12万円を贈った。  10月22日に行われた即位の礼に参列するために訪日した菊地義治県人会名誉会長が、岩手日報社を訪れて東根千万億(あずまね・ちまお)代表取締役社長に手 […]