ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 週末は、オデブレヒト社幹部の報奨付供述(デラソン)がヴェージャ誌にリークされ、ブラジルに激震が走った。もっともこれは情報が漏れたのであり、公式発表ではなかったため、連邦検察庁は怒り、ロドリゴ・ジャノー長官は誰が洩らしたかの調査を求めている。それにしても驚かされるのは、オデブレヒト側が政治家たちに撒いた賄賂の額の大きさだ。彼らからしたら「政治家に求められた」のかもしれないが、何千万レアル単位での贈賄例を立て続けに耳にすると、「そうした金を多くの政治家たちにちらつかせて商売するとは何事か」とも思えてしまう。今後、不正を繰り返さないため、しっかり制裁した方が良いのでは。
     ◎
 今回のデラソンで判明した件で興味深いのは、オデブレヒト内で使われた政治家たちの暗号化された愛称だ。ジュカー上議は「カジュー」と逆さ言葉で果樹の名前になり、エウニーシオ上議は血筋からか「インディオ」、アパート問題で話題になったジェデル氏は「バベル(塔)」、サッカー・ファンのロドリゴ・マイア下院議長は「ボタフォゴ」。酷いのは、リジセ・ダ・マタ上議の「フェイア(ブス)」。極めて失礼な愛称が公表され、本人も傷ついたのでは。
     ◎
 ダッタフォーリャの世論調査では、経済回復のための「苦い薬」を飲むのを嫌がる国民がテメル政権支持を嫌う側面も感じられるが、ルーラ政権の頃と経済状況はあまりに違う。経済を崩した遠因が同政権にあることを忘れてはならない。一方、1割未満とはいえ「軍政復古」を求める声も増えてきている。国民ももっと冷静に考える時では。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年5月15日 東西南北  12日にテメル政権が2周年を迎えたが、ダッタフォーリャの統計によると、在任期間中の国民からの人気を200点満点の指数にした場合、テメル氏は、コーロル大統領以降では最も低い、わずか25点だったという。それによると、もっとも高かったのはルーラ政権2期目(2007~10年)だ。ルー […]
  • 東西南北2017年10月31日 東西南北  来年の大統領選に関する支持率調査では、ルーラ氏1位、ボウソナロ氏2位の状況が続いているが、現時点では3位で、10年、14年の大統領選での得票も3位だったマリーナ・シウヴァ氏に出馬危機説が流れている。その理由としてあげられているのは、彼女が所属する小政党レデ(持続可能政策ネット […]
  • 東西南北2018年1月25日 東西南北  24日は、ある種の異様な興奮に包まれていた。現地紙はいずれの新聞も一昨日のルーラ氏の抗議集会と同じ写真を表紙に使用し、国民の多くが朝からテレビとネットに釘付けになり、ルーラ氏の第4連邦地域裁での裁判を、固唾を飲んで見守っていた。近年で似た状況になった日と言えば、16年4月17 […]
  • 東西南北2017年4月21日 東西南北  本面でも報じているように、ルーラ元大統領にまつわる疑惑のひとつ、アチバイアの別荘問題に関して、オデブレヒト社側から疑惑を後押しする証言が相次いでいる。それにも関わらず、18年大統領選での同氏の人気は依然、高いままだ。イボッピが20日に発表した大統領選挙のアンケートによると、「 […]
  • 東西南北2017年4月25日 東西南北  23日はフランスで大統領選挙の一次投票が行われ、ブラジルでもニュースやネット上でかなり注目を集めた。ブラジルでは、他国のことなのに自国の現状と比較して批判などをしはじめる人が少なくなく、元財相のマクロン氏と極右のル・ペン氏が決選投票に進むとわかると、「極右が強い今だからこそ、 […]