ホーム | コラム | オーリャ! | 「観光」で県人会と母県の協力強化を

「観光」で県人会と母県の協力強化を

 「日本祭り」の最初の名称は「郷土食郷土芸能祭」。当時企画した網野弥太郎県連元会長によると日本の「食」「芸能」「観光」を三本柱と称し、その普及と県人会の連携を目的とした。
 食は味覚、芸能は踊りや太鼓など、舞台上の動きや音で人の視覚と聴覚を刺激し楽しませる。しかし観光は、場の雰囲気や体験など五感を使って楽しむものだ。
 郷土食ブースや芸能だけでも大変なのに「観光」まで―と思う人もいるだろう。とはいえ、2020年の東京五輪に向けて、母県も外国人観光客を呼びたいはず。「観光」を通して、さらなる県と県人会の協力関係が築かれるはずだ。
 第20回となる節目の来年度。県連のブースで20年を振り返ると共に、四季豊かな日本を観光させるつもりで、全県人会ブースで飾り付けに工夫してみては。そうすれば日本祭りは、ブラジル人に母県の魅力を伝える場になる。(雪)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!2017年5月20日 ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!  ブラジル岩手県人会(千田曠暁会長)は『第11回わんこそば祭り』を5月28日午前11時から、同県人会館一階ホール(Rua Thomaz Gonzaga, […]
  • 県人会ラーメンの方向性2018年4月28日 県人会ラーメンの方向性  「喜多方ラーメン祭り」に来たヴィトル・セニシさんとマヤラ・ホンダさん(本文写真)は、専門店「あすか」や「ラーメン和」にも足を運ぶラーメン好きカップルだ。  今回の感想を聞くと、セニシさんは「あまり好みじゃない」と辛口コメント…。ラーメン人気が高まるにつれ、味にこだわる客が増 […]
  • 県人会改革は「働き方」から2018年3月20日 県人会改革は「働き方」から  山口県人会の新会長となった伊藤紀美子さん。事務局長を17年も務め、会の隅々まで熟知する伊藤さん。今後の方針として「県人会内の働き方改革」を挙げた。  理由を聞くと「新しい世代を呼ぶためにも、仕事で忙しい若者が参加できる県人会にしたい」とのこと。「そのためには今の役員、事務局 […]
  • 好評な「バテ・パポ・エン・ジャポネス」2017年2月22日 好評な「バテ・パポ・エン・ジャポネス」  言語学習者にとって母語話者と交流することは大事な機会だ。ブラジル日本語センターで毎月曜に行われる「バテ・パポ・エン・ジャポネス(日本語で世間話)」は、ブラジル人日語学習者が日本人と実際に会話する場だ。開始からすぐに参加者が増え、今では人数を抑えるためあまり広報していないそう。 […]
  • オーリャ!2017年3月23日 オーリャ!  「次世代への継承を」―。来年の移民110周年の準備に励む人々からこういった発言を聞く。  先日来社した西森ルイス下議も同じく、「日系社会を継ぐ若者を育成したい。日伯のビジネスの機会を通じ若者に日系社会へ目を向けさせたい」と力強く語った。「日系の若者は日本とのビジネスに興味を […]