ホーム | 日系社会ニュース | 援協 菊地会長が訪日報告=11月定例役員会

援協 菊地会長が訪日報告=11月定例役員会

 サンパウロ日伯援護協会(菊地義治会長)は、先月24日昼、本部会議室で定例役員会を行ない援協の財務、各施設の状況について報告が行われた。
 10月末に訪日した菊地会長は、海外日系人大会に参加したほか、国際協力機構(JICA)や日本国際協力財団などを訪れた。同財団からは、「融資を受けた団体がそれをきちんと運営し、報告してくるところは少ない」と堅実な運営に称賛を受けたという。
 JICAでは「伯国での大型事業がないなか、州と連携して進める自閉症児療育施設の活動は大変意義深い。援協主導となって育ててほしい」と期待が寄せられ、「日本政府も伯国社会に広く貢献できるプロジェクトを探しているようだ」と語った。
 また、旭日単光章叙勲のため訪日した尾西貞夫副会長は「皇居で天皇陛下からお言葉を頂き、一生で一度の思い出になった」と喜びで語り、「皆さんにご推薦頂いたお陰。本当に感謝感激だ」と受章に喜びを見せた。
 10月の総収入は約529万レアル、総支出は約369万レアルで、日本財団からの寄付金もあって約145万レアルの黒字が計上された。
 また10月の退会者数は94人、新規入会が7人で、会員数は計8117人となった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • J‐TEST=11月、初のビジネス日本語=上級者の腕試しに最適2018年9月25日 J‐TEST=11月、初のビジネス日本語=上級者の腕試しに最適  『J‐TEST実用日本語検定』(運営=語文研究社)の「第4回公開試験」を11月4日に行うにあたり、受験者を募集している。申込みは10月11日まで。  今回は従来の初級者向けの「E‐Fレベル」、中上級者向けの「A‐Dレベル」に加え、ビジネス実用日本語検定も行なわれる。  ビ […]
  • 大分のリオ五輪応援団を歓待=柔道 梅木選手親族ら11人が来伯2016年8月27日 大分のリオ五輪応援団を歓待=柔道 梅木選手親族ら11人が来伯  【イタグァイー発】リオ五輪に出場する柔道女子78キロ級の梅木真美選手(21、大分)を応援するため、故郷の九重町から親族や坂本和昭町長ら、11人の応援団が現地に駆けつけた。13日深夜の帰国便を前に、リオ州リオ市郊外のイタグァイーで歓迎会が行なわれた。  発案は梅木選手の遠戚に […]
  • 研修生を募集、長崎=申込み来月11日まで2017年1月21日 研修生を募集、長崎=申込み来月11日まで  長崎県人会(川添博会長)が『長崎県技術研修生』を募集している。期間は今年の8月から来年の3月までで定員1人。申込みは2月11日まで。詳細は次の通り。  【応募資格】長崎と何らかしらの関係を持つ、20~40歳。日本語で最低限のコミュニケーションがとれ、過去に教育、経済、経営、 […]
  • (左から)高安、宮城、嶺井さん2015年7月2日 沖縄移民研究塾=同人誌「群星」を自費創刊=宮城さんら成果を一冊に=11日に聖市本部で合評会  沖縄県人会移民研究塾(宮城あきら代表)が5月、同塾での研究成果をまとめた同人誌「群星(むりぶし)」を創刊した。日ポ両語の白黒180ページで、過去の出版物刊行式やボリビア移住地、沖縄民謡を納めたDVD(約2時間)も付属する。先月30日、宮城代表らが来社して説明した。一つの県 […]
  • 県連=11年越しの訴訟が決着=第8回日本祭り訴訟問題=和解金6万レ支払いへ2016年6月4日 県連=11年越しの訴訟が決着=第8回日本祭り訴訟問題=和解金6万レ支払いへ  第8回日本祭での追加請求を巡る会場設備会社・EXPOSTA社との民事訴訟問題について、裁判所が県連に対し追加請求の支払命令を下したと、ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の5月度『代表者会議』で発表された。会議では30分余りに渡って激しい意見が交わされたが、最終的に […]