ホーム | コラム | 樹海 | 忘年会シーズンの悲喜こもごも

忘年会シーズンの悲喜こもごも

 11月末~12月は忘年会を行う日系団体が多い。規模や参加者も個人レベルに近いものから、日本人会のように地域の人が集うものなど様々だ▼家に近い日本人会でも週末に忘年会があり、持ち寄りの会食後、カラオケやビデオケでの紅白歌合戦となった。紅白だが審査員はなく、歌い手が箱の中からボンボンを取り、包み紙の色で赤か白かを選ぶというやり方で白組勝利となった▼歌の上手、下手ではなく、参加する事や交流を楽しむ事が目的の歌合戦は、歌は好きだが、高齢で足が悪く、舞台に上がれないという婦人で締めくくられた。直前に歌った娘さんにマイクを届けてくれと頼んだ司会者は、カラオケ教師で審査員の資格も持っている。だから、本人がトリを務めても誰も文句は言わないはずだが、会の長老の一人である婦人に花を持たせる配慮に心が温まった▼一方、19日、トルコでは美術館でのロシア大使射殺事件、ドイツではクリスマスマーケットにトラックが侵入する無差別殺人事件が起きた。難民擁護派のドイツのメルケル首相の政治生命を左右しかねない事件後、イスラムステートが「兵士が作戦を実行」と犯行声明を出したが、自分達に都合の悪い相手なら、無防備な市民の命さえ奪う姿勢は受け入れ難い▼人間がエゴの塊である限り、争いや自己顕示などの現象は絶えないだろうが、本能を知性でカバーし、人間として生きようとする時、他者や違いを尊重する姿勢も生まれてくるはずだ。今年の忘年会シーズンは特に、単なる飲み会等に終わらず、平和を作り出すために人として生まれたキリストの誕生を祝う時期である事を思い起こす時となればと願わされる。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 南米にもジョーカー君臨か?2019年10月25日 南米にもジョーカー君臨か?  ここ数カ月、世界中を激震させるような抗議行動が連鎖反応のように起こっている。香港、レバノン。そして南米でもエクアドルとチリで民衆と政府が激しく激突した。こうした状況を見て、「もしかして、ジョーカーは時代を予見したのか」「実在して、世界を混沌に陥れているのではないか」。 […]
  • 予期せぬ出来事で苦しむ時2019年10月24日 予期せぬ出来事で苦しむ時  職場のパソコンが止まり、サイト用に送りそこなった記事がある。ミナス州ブルマジーニョの鉱滓ダム決壊による252人目の犠牲者の遺体が19日に見つかった件だ。事故の3カ月前、双子の息子の1人を殺人事件で失っていた母親は、やっと戻ってきたもう1人の息子の遺体を隣に葬った▼遺族の苦しみ […]
  • 封印されてきたブラジルテイスト発揮=マルシア デビュー30周年で新アルバム2019年10月22日 封印されてきたブラジルテイスト発揮=マルシア デビュー30周年で新アルバム  「私たち(日系人)は日本人にはなりきれない。でも、日本人の心を理解する魂は持っている」――2014年11月、サンパウロ州モジ市コクエラ区のふるさと祭りに取材に行った際、たまたま居合わしたマルシアにインタビューした際、そう言われ、けだし明言だと感心した。  顔を見て、 […]
  • 「ボウソナロ一家の見込み違い」とは?2019年10月18日 「ボウソナロ一家の見込み違い」とは?  ボウソナロ大統領、および、彼の息子たちの一族に一時期ほどの勢いがなくなっている。それは世論調査で、ボウソナロン政権の治世への支持率で否定的なものが肯定的なそれを上回り始めていることでも明らか。さらに、先週から勃発した「社会自由党(PSL)離党問題」でそのイメージはなお […]