ホーム | 文芸 | 連載小説 | 道のない道=村上尚子 | 道のない道=村上尚子=(58)

道のない道=村上尚子=(58)

 この下宿の下見に来たM商社の若い二人、浮かぬ顔で沈んでいる。理由は、場所と下宿は気に入った。が、会社の上司も一緒に入るというのだ。さんざ気を使って、帰ってもその下宿に上司がいる。これは辛いのだが、その上司を入れる下宿が見つからないと言う。
 私には何となく分かる。結局、上司の下宿は見つからず、五名全部が入ってきた。私までが緊張した。更に三つの商社から、それぞれ一名づつ入って、室はみな塞がった。ついでに私の末娘、琴子も引き取り、賑やかになった。琴子は十四歳になっていて、全く自然に、下宿人たちと仲良くなっていた。
 おまけに気になっていた上司というのが、中肉中背で穏やかな、好々爺といった感じである。合計八名の下宿人、夕食の時間はみなと相談し、同時に食事するよう決めさせて貰った。高級下宿というのは、この辺りには他に二軒はあるらしい。聞くところによると、食事の用意は殆ど必要がないという。下宿人たちは、会社の帰りには飲み食いして帰ってくるので、たまに茶漬けを頼まれることぐらいだそうである。なので大変楽なものらしい。

 初日はみな、口数も多くはなく、夕食が済むと、それぞれの室に引き上げて行った。二日目、何かみな入ってくる姿に力が入っている。そして三日目あたりから、それぞれの商社マンたちは和んできた。まあそれは普通のことだろうと思った。やがて例の五人組M商社マンたちは、がやがやと雑談を交わし、ニコニコしながらエレベーターで上がって来るようになった。
 たまに少し時間が早過ぎて、他の商社マンが一人ポツンと大テーブルの端に座って待っている……そんな時は煮物の一切れを箸に突き刺して、熱々のものを持って行く。初めはそれを見て身構えたりしていた者も、軽やかに心持ち嬉しそうに、手を出してくれるようになる……
 そうこうするうち、わいわいと喋りながら、みな楽しそうに食堂へ入って来るようになった。ある日など、隣に座っている上司の大皿に、ビフテキの残っているのを見た部下は、自分のを平らげて、持っている箸をそのビフテキに突き刺した。
「これ食いますか! Uさん!」「食うぞ!」
 といって上司は、自分の箸で取られないようにビフテキを押さえる。
「ビフテキの脂身を残す人の気が知れません! あれが一番旨いのに……」と部下。
「奥さん! S君には脂身だけをやって下さい!」と上司。
 毎日、優等生の家庭のように、まずは時間通りに下宿に帰って、食事を済ませてから出かけている。こうなると、こちらも今日は何を作って喜ばせようかと、献立に力が入る。
 ある日、今日はこの献立、みんなに気に入りそう、早く知らせたい! とうとう私は、M商社へ電話した。さすが気が咎める。でも知らせたい……
「ハイ、○○社です」
 N君の事務的な、改まった声が聞こえた。
「下宿のおばさんよ。あのね、今晩のメニューをお知らせするね!」
「オイ! 書け」
 しゃんっ! とした声に変わって、仲間へメモを頼んでいる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 道のない道=村上尚子=(81)2017年2月10日 道のない道=村上尚子=(81)  やがて、二人で外へ買い物に出た。道を歩きながら、ひろ子がしみじみとした声で、自分へとも私へともつかず言っている。 「不思議ねえ……今なぜか昔ママイに色々してもらったことを、思い出しているよ。今まで何も思い出したことがなかったのに。例えば、六歳くらいの頃かしら、ママイが私に服 […]
  • 道のない道=村上尚子=(2)2017年2月7日 道のない道=村上尚子=(2)  又、女性の中には、精神的に参っている人が多く、私に馴染んでくると、身の上話をしたい女性が増えた。しかし、治療中に喋られると、私が集中出来なくて大変困る。適当に聞いとけばよかろうと思うだろうが、話している方は、布団を叩いて泣きながら話しているのだ。  これほど、のたうち回って […]
  • 道のない道=村上尚子=(79)2017年2月8日 道のない道=村上尚子=(79)  初めは、彼にも私のポルトガル語が分からなかったのだと思える。しかし、段々私式のポルトガル語が理解出来るようになったのであろう。人間、どんな難しい問題でも、訓練と慣れとで、解決して行くものである。このへんな才能を持った生徒が、私が一言喋るその度に、ポルトガル語で皆に通訳している […]
  • 道のない道=村上尚子=(75)2017年2月2日 道のない道=村上尚子=(75)  私はそのとき、何か一瞬にして肩から覆い被さったものが取れた。父は、空の便器を引き寄せ、その中へ手を入れては、何かをつまみ出して、口に入れている……父の頭では、何か食べ物が入っているらしい。これを見て、私はいいことを思いついた。 「お父さん! ぼたもちばい!」  と、さも牡 […]
  • 道のない道=村上尚子=(36)2017年2月3日 道のない道=村上尚子=(36)  そうこうする内、人に貸していたアパートが空いたので、そこへ移った。色々、身辺の整理も終わった頃、数冊の私の日記帳が出て来た。特に、ここ一年間の日記は、癌病の父の介護、その闘いの日々であった。分刻みの看病のことが、克明に書かれていて、何か見ているとその日記帳そのものが、生きもの […]