ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 今回の兼題となったアガパンサスは、ユリ科の多年草で、紫君子蘭とも呼ばれる。南アフリカ原産で、高さは50から100センチほど。花茎を長く伸ばし、先端に数十輪の花を放射状に咲かせる。アガパンサスはギリシア語のアガベ(愛)とアンサス(花)の2語からなり、「愛の花」という意味を持つ花だ。特選となった俳句は、美しく咲き誇る花弁一つ一つに、たくさんの夢を託した一句だ。コラム子は仏教徒だが、あえて「郷に入っては」の精神で言えば、この週末のクリスマスには「愛の花」に負けない幸せが読者諸氏に訪れることを祈りたい。
     ◎
 ここ最近、ブラジルレアルが回復傾向にある。対日本円の動向を注視しているが、毎日のように上昇し、現在は1レアル36円に迫りつつある。今月初めは32円台だったことを考えると、経済上向きの予兆ともいえるかも。過去をさかのぼれば2014年サッカーW杯時で45円前後とレアル高だった。この8月の五輪時では30円まで落ち込んでいた。はたして来年はどうなることか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2016年9月22日 大耳小耳  サッカーブラジル代表のネイマールが先週、自身の公式ツイッターで話題となっている「金メダルヘア(髪型)」の写真を投稿した。隣にはスペインリーグ・バルセロナの同僚で、同じく金髪のリオネル・メッシ、コメントには「Saiyajin(サイヤ人)」の文字が。漫画ドラゴンボールで、金髪姿に […]
  • 大耳小耳2014年12月10日 大耳小耳  南米婦人の集いに参加した三好信子さん(74、岡山)=ジャカレイ=は「ADESCの皆はすごく活動的で、誰にも負けないくらいよく働く。仲間と旅行に行くのも楽しみ」と弾ける笑顔を見せる。ADESC設立当初からの会員だが、家庭の事情で活動を休みがちになったことも。「あの時は物忘れ […]
  • 大耳小耳2016年5月7日 大耳小耳  聖市グァラピランガ湖畔に20万坪の広大な敷地を持つ世界救世教の聖地。渡辺哲男前理事長がデザインし、95年に竣工。一際目を引くのは古代ローマを彷彿させる神殿だ。「当初は屋根や壁もあるデザインだったが『空が天井、自然が壁だ』という夢を見た渡辺氏の発案で今の様式に変更された」と宣教 […]
  • 大耳小耳2014年10月1日 大耳小耳  もっとブラジルを知ってもらおうと、東京のJR中央線沿いのブラジル系店舗や、ライブハウスが手を取り合い9月27、28日に音楽イベント『VAMOSブラジる!?』と題した企画を開催した。ボサノバやサンバだけでなくブラジリアンPOP、ショーロ、ノルデステなども紹介したという。サン […]
  • 大耳小耳2006年1月5日 大耳小耳 2006年1月4日(水) […]