ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 クリスマスが終わったばかりだが、ダッタフォーリャがクリスマス直前に行った最新調査によると、ブラジル人の90%以上は、自分の経済状況は「神様によるもの」だと信じていることがわかった。福音派の間では、ペンテコステ系か否かを問わず、96%以上の人がそう信じている。カトリックだとこの割合が91%、「特に宗教的信仰を持たない」という人の間でも、7割が「神様次第」だと考えているという。ブラジルの景気観測によると、失業率は17年前半も悪化するなど、厳しい予想が出ており、17年も不況脱出はなかなか厳しそうだが、「思し召し」と受け止め、冷静でいることも必要なのかもしれない。
     ◎
 まもなく4年の任期を終えるフェルナンド・ハダジ・サンパウロ市市長が、自身の市政を振り返り、「国が危機にある中、聖市はオアシスだ」と語った。それは、同市に関する種々のデータで、「過去20年間でベスト」という結果が出たためだという。在任中の支持率は低く、公約は半分も達成できない。再選を狙った選挙でも一次で惨敗したが、交通や保健衛生関係などでよい数字が出ていたのはたしかだ。来年以降、政治家として何を目指していくかにも注目したい。
     ◎
 今年の10大ニュースでも書いたように、2016年は年のはじめから大統領罷免問題がくすぶり、テメル政権になった後も、ラヴァ・ジャット作戦で何か起きた、経済指標が悪いと騒がしい状態が続いている。15年以降、政情が不安定で、政局運営すら満足にできていない状態だ。17年以降は落ち着く方向に流れて行ってほしいが。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年10月6日 東西南北  大統領選の投票もいよいよ明日に迫った。今回の大統領選は、問題発言の多さで有名な極右のボウソナロ氏と、ラヴァ・ジャット作戦の影響もあり、政権を追われていたはずの労働者党(PT)のハダジ氏という、両極の対決ということになり、これまで以上に行方の気になる戦いとなっている。ここのとこ […]
  • 東西南北2016年3月24日 東西南北  このところ、連日、激動続きの伯国政界だが、連警がラヴァ・ジャット作戦(LJ)第23弾で押収し、23日に公表されたオデブレヒト社による政治家への献金リストは、早くも政界にとって次なる爆弾になりそうな気配を漂わせている。そこに書かれた政治家の名前は18政党、200人以上に及ぶが、 […]
  • 東西南北2016年1月5日 東西南北  ラヴァ・ジャットを中心として、昨年は政治汚職に関する話題が連日のように伯字紙の紙面をにぎわせていたものだが、今年も早速、「クーニャ下院議長が提出した港湾法の修正案が、テメル副大統領の選挙キャンペーンの献金先に有利になるようになっていた」であるとか、「オデブレヒト社社長と幹部が […]
  • 東西南北2015年3月6日 東西南北  ここ数日、本紙でも連日で報じている連邦検察庁から連邦最高裁に渡ったラヴァ・ジャット作戦の疑惑の政治家リストについては、現在伯国で話題沸騰中だ。誰が捜査の対象となるかの正式なリストは近日中に発表される予定だが、ここに来てヴァロール紙は、主犯のアルベルト・ユセフ被告が、フェル […]
  • 《ブラジル》ラヴァ・ジャットで地裁、高裁にも捜査要請=報告官がオデブレヒト社供述分201件を送付2017年4月13日 《ブラジル》ラヴァ・ジャットで地裁、高裁にも捜査要請=報告官がオデブレヒト社供述分201件を送付  ラヴァ・ジャット作戦(LJ)に関するオデブレヒト社幹部らの報奨付供述に基づき、連邦検察庁が最高裁に提出した捜査開始要請中、201件分がファキン最高裁判事の判断で地裁や高等裁に振り分けられたと12日付現地紙が報じた。 […]