ホーム | 日系社会ニュース | ペトロブラスが太陽石油に=沖縄の南西石油の売却完了

ペトロブラスが太陽石油に=沖縄の南西石油の売却完了

 ブラジル国営石油会社ペトロブラスは昨年12月28日、南西石油を最終的に1億6500万ドル(約192億円)で太陽石油に売却したと翌29日付けの広報資料で発表した。
 ペトロブラスは07年に東燃ゼネラル石油から55億円で南西石油を買収し、日本やアジア市場に参入した。ところが原油価格の急落による業績不振などが響き、売却に至った。
 太陽石油は昨年10月18日、買収額は約1億2930万ドル(約133億円)と発表していた。沖縄県内の石油製品需要の約6割を供給していた南西石油を買収することで、太陽石油は新たな販路を確保していく考えだ。施設老朽化が進んでいるため、石油精製は再開せず、石油タンク運営と石油製品の販売を行うと報じられている。
 ブルームバーグ電子版昨年11月10日付けの記事は「石油業界で大手同士の合従連衡が進む中、国内で最も原油処理能力が小さい同社(太陽石油)は自社製品の販売先を広げ独立経営の維持を目指す」と報じている。

image_print

こちらの記事もどうぞ