ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 短歌誌『椰子樹』371号が先の12月に発行された。リオ五輪のテレビを、手に汗握りながら見て作ったと思われる《君が代に胸あつくしぬ幼くて国出でしわれはオリンピックに》(富樫苓子)という歌には共感する人も多いのでは。《ここは晴れ彼方に見えるあの雨は空から下がるカーテンのよう》(宮本留美子)、《鼾かく猫に文句を言う深夜テレビ小さく見ている我は》(寺田雪恵)は興味深い状景を詠んでいる。猫が鼾をかくこと自体、珍しい気もするが、真夜中に見ているテレビ(NHKか)を邪魔するほどとは…。《わが短歌を初めて聞かす二世妻「はずかしすぎ貴男の作は」》(武井貢)も面白い夫婦の会話。2年後、2018年に「創立80年」を迎える海外最古(多分)の短歌結社だけに、ますます作品の味わいも増す?!
     ◎
 本面10日付けトップ記事「古杉さんOAB試験に合格=晴れて弁護士に、成人後移住の日本人初か」に関して、「谷広海さん、今井慎二さん、二宮正人さんらも弁護士。古杉さんは『初』ではないのでは?」という問合せが連日、編集部に舞い込んでいる。この記事の最初の要約に「同試験開始後に弁護士になった、成人後移住の日本国籍者は、古杉さんが初めてとみられる」とあるとおり、「成人移住者」で「OAB(ブラジル弁護士協会)統一試験に合格」したのは古杉さんが初という限定条件付きの記事だ。翌11日付け「大耳小耳」欄で紹介した通り「子供移民」では、すでにOAB試験合格者がいる。同試験が開始されたのが8年前なので、40年以上も前に弁護士になった二宮さんや谷さんらはこの条件に当てはまらない。次から「限定条件」付きの記事を出す場合は、もっとその部分を強調しなくては―と反省。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年8月20日 大耳小耳  日伯協会(三野哲治理事長)=兵庫県神戸市所在=会報『ブラジル』984号(7月発行)を見ていたら、駐日ブラジル全権大使のエドゥアルド・パエス・サボイア氏の着任挨拶がでていた。来年は東京五輪の年であるのと同時に、在日ブラジル人にとっては「コミュニティ30周年」の記念の年だとか。1 […]
  • 大耳小耳2019年7月26日 大耳小耳  ブラジル日系熟年クラブ連合会の機関誌『ブラジル老荘の友』545号を見ていたら、羨ましい話が出ていた。毛利ペドロさんの投稿によれば、妻と二人で金婚旅行に日本45日間めぐりをしたという。下関でフグ料理、富山でホタルイカ、宮城県の松島ではイカやカキ、北海道の函館ではタラバガニやイク […]
  • 大耳小耳2019年6月25日 大耳小耳  あるぜんちな丸で南米に渡った日本人移民を半世紀にわたり記録したドキュメンタリー番組の「完全版」が、日本時間の26日午前0時45分から3夜連続で、NHKの衛星放送(BS1)で放送される。1968年に南米各地へと渡った移住者を取材した番組「乗船名簿AR29」が放送され、その後も移 […]
  • 大耳小耳2019年6月18日 大耳小耳  俳誌『朝蔭』第474号が4月に刊行された。《春雷の一喝に雨上がりたる》(秋村蒼一郎)からは、昔風の「怖いオヤジ」のような自然への畏敬と敬愛が感じられる。《老いの掌に三度叩きて蚊を逃す》(杉本三千代)には、電撃ラケットをお薦め。鈍る動きを文明で補う? 《人家埋めダムも決壊秋出水 […]