ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2008年4月17日付け

 三十年以上行われている和歌山県人会の家族慰安旅行ピクニック。いつ始まったのか、現在の関係者にも詳しい事がわかっていない。数年前に県庁の関係者が訪れた時、「まだ続いているのか」と驚いたことから、だいたいの年数が分かったという。それにしても、三十年以上も同じ場所へ行き、現在でも約二百人が訪れるピクニックは他の県人会では見られない催し。
     ◎
 十一日の夕方から行われたモジ秋祭りの開会式。順調に進み、鏡割りのために場所を体育館前に移し、さぁいよいよ――と多数の来賓はじめ、マスコミ関係者が構えに入った瞬間、会場全ての電気が消え、真っ暗になるハプニングが発生。数分後に電気は点いたものの、展示のテープカットは真っ暗闇の中、展示を見てまわっている時も点いたり消えたりと大変な状況だった。最終的には「展示場の電気を消すので会場から出てください」との言葉も。結局来賓の大半は足早に会場を出た。せっかくの機会なので、もう少しじっくりと見たい人も多かっただろう。
     ◎
 NHK沖縄放送局が三月に放映した番組「きんくる~沖縄金曜クルーズ~祝!ブラジル移民100年~海を渡ったウチナーンチュの肝心~」が、十八日午後十一時(ブラジル時間)からNHK海外放送で放映される。県人移住百周年を記念して製作されたもので、資料をまじえながら笠戸丸で渡伯した沖縄県人の子孫を訪ねる内容。県内のみの放送だったが、ブラジル側関係者の要望もあり、放映が決まったという。番組では、笠戸丸移民の故・宮城伊八氏が持参した「百年前の三線」の音色も披露されるようだ。「一人でも多くの人に見てほしい」と県人会関係者は呼びかけている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (87) =  山城 勇2017年10月31日 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (87) =  山城 勇  そのため一極集中的に大都市や工業都市に人口集中を余儀なくされ、地方は過疎化し立ち遅れてしまった。  そこでその地域やそれぞれの地方の活性化を図る目的で全国3,300余の市町村に一率一億円を交付した。  そして自から考え自ら行う特殊事業でもって故郷の活性化・創生をはかること […]
  • 新潟県人会創立60周年祝う=慶祝団含め300人で盛大に=泉田知事「東京五輪でぜひ来県を」2016年7月12日 新潟県人会創立60周年祝う=慶祝団含め300人で盛大に=泉田知事「東京五輪でぜひ来県を」  ブラジル新潟県人会(南雲良治会長、会員180家族)が主催する「創立60周年記念式典」が、3日午前10時から宮城県人会館で盛大に行われた。新潟県から駆けつけた泉田裕彦県知事、県議会の早川吉秀議長ら20人の慶祝団を含め、当日の来場者300人とともに盛大に祝った。 式典は午前10時 […]
  • 大耳小耳2015年11月18日 大耳小耳  本紙編集『未来へ継ぐ裔孫』(赤嶺園子著、沖縄タイムス刊)の日本語版はすでに当地では売り切れ、日本でしか手に入らない貴重なもの。でも、ポ語版(50レアル)はソール・ナッセンテ人材銀行(11・3208・2944)で販売中だという。沖縄県人会が総力を挙げて昨年発刊した記念誌『写真で […]
  • 108年目の移民の日しめやかに=文協で開拓先没者慰霊法要=「煩悩や数珠と同じ数。もう一周?」2016年6月21日 108年目の移民の日しめやかに=文協で開拓先没者慰霊法要=「煩悩や数珠と同じ数。もう一周?」  最初の移民船「笠戸丸」がサントス港に到着してから108年――朝から日伯司牧協会によるサンゴンサーロ教会での慰霊ミサ、県連主催の先没者慰霊碑前の法要に続き、午後からブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)とブラジル仏教連合会(コレイア教伯会長)による「開拓者先亡者追悼法要」が同 […]