ホーム | コラム | 樹海 | 日本語とポルトガル語の遠さ

日本語とポルトガル語の遠さ

日本人がポルトガル語を勉強するのは、富士宮駅から富士山頂まで歩くようなもの?

日本人がポルトガル語を勉強するのは、富士宮駅から富士山頂まで歩くようなもの?

 コラム子の実家は静岡県沼津市にあり、朝に晩に霊峰富士を見ながら育った。体力自慢の父親からは、「若い頃は工場の勤務が終わった後に、夜9時頃から富士宮駅から徹夜で歩いて、朝までに富士山頂へ行った」という話を百回ぐらい聞かされた▼ふと調べてみると、富士宮駅から富士宮ルート五合目まで35キロもある。富士宮は標高124メートルで、五合目は2400メートルだから、延々と気の遠くなるような登り道だ。普通の登山者は五合目から歩いて5キロで頂上までいく。といってもその5キロの登りだけで5時間、下りで3時間かかる。それだけで普通は一日仕事だ▼そこで思ったのは、スペイン語やイタリア語などラテン語系話者がポ語を勉強するは、「富士登山」に譬えれば、五合目まで車で行ってから登るようなものだということだ。言語系統が全く違う日本語話者がポ語を習得するのは、富士宮駅から歩くぐらい遠い▼たとえば数年前、フランス人USP留学生と話していて、あまりにもポ語が流ちょうなのに驚き、「何年間ぐらいポ語を勉強しているのか」と尋ねたら、「半年。言葉が似ているから難しくない」と言われ、愕然としたことがある▼それを証明するような記事を最近見つけた。オンライン言語学習サイト「voxy」が、世界の主要23言語を、英語話者にとって学習が「簡単」「標準」「難しい」の3つのレベルに分類した調査内容だ(http://tabizine.jp/2017/01/03/112181/)▼英語話者にとって学習が一番【簡単】な言葉はスペイン語、ポルトガル語、フランス語、イタリア語、ルーマニア語、オランダ語、スウェーデン語、アフリカーンス語、ノルウェー語の9言語。習得に必要な学習時間の目安は23~24週間、授業時間にして575~600時間とある。つまり、集中して半年間勉強するだけでペラペラになる▼【標準】はヒンディー語、ロシア語、ベトナム語、トルコ語、ポーランド語、タイ語、セルビア語、ギリシャ語、ヘブライ語、フィンランド語の10言語。習得に必要な勉強時間は44週間、授業時間にして1110時間だから、「簡単」の倍。集中して約1年間だ▼【難しい】とされたのがアラビア語、中国語、日本語、韓国語の4言語だ。88週間、授業時間にして2200時間の学習が必要。「簡単」な言語の3・5倍、「標準」の2倍もかかる。つまり約2年間だ▼これを逆方向から見ると、日本語話者にとって興味深いことになる。日本人から見て「最も難しい言語」がポ語、スペイン語、イタリア語だ。別の言い方をすれば、ブラジル人が英語を勉強するのは、日本人より3・5倍も簡単! さらに言えば、ブラジル人がフランス語、イタリア語、スペイン語を勉強するのは、その英語よりさらに簡単!!!▼一方、日本語の場合は「お国言葉」もある。たとえば沖縄県人会の「ウチナーグチ弁論大会」に取材に行っても一言も理解できない…。これは日本語というより、すでに「沖縄語」だと痛感する。東北に旅行した際、地元の高齢者同士がしゃべっているのを聞いた時も、7割がた理解できなかった記憶がある。ポ語話者がスペイン語を聞いたら5割以上理解するというので、日本のお国言葉の方が遠い気がする。その分、日本の方言は「豊かな歴史と文化」を示している。もしかしたら欧州全体に匹敵するような言葉の豊かさが、あの狭い島国には詰まっているのかもしれない▼日本移民はブラジルを移住先に選んだ時点で、地理的な距離が地球上で最も遠いだけでなく、学習言語の“遠さ”も選択してしまった。そう書きながら「だからポ語が弱くても仕方ないんだ」と言い訳にしている自分を情けなく思った。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • ホーロー鍋からピラルクーへ、頼もしい60歳2018年11月6日 ホーロー鍋からピラルクーへ、頼もしい60歳  ビニールハウスのような養殖場に入ると、一瞬息が詰まるぐらいムッとし、眼鏡とカメラのレンズが曇った。きけば内部温度は37度以上に保たれているという。  ここは江尻龍之介さん(60、愛知県)が経営するピラルクー養殖場だ。サンパウロ市から南西に127キロのミラカツー市にあ […]
  • イグアスの滝、アマゾン河、そして悪魔の洞窟2018年10月23日 イグアスの滝、アマゾン河、そして悪魔の洞窟  「これが太古の闇か…」――ガイドが鍾乳洞の電気を消した瞬間、深い感動を覚えた。  「悪魔の洞窟」(Caverna do […]
  • 感動の眞子さまご来伯を振り返って2018年8月7日 感動の眞子さまご来伯を振り返って  ブラジル日本移民110周年を記念して訪問された眞子さまは、かつて皇族が足を踏み入れたことがなかった地を何カ所もお訪ねになり、各地で祈りと癒しを実践された。本紙記者が各地で取材した内容からご訪問のハイライトを振り返りたい。  最たるものは、ノロエステ開拓最前線でマラリ […]