ホーム | 日系社会ニュース | 「普段より注意して生活を!」=マナウス総領事館が注意喚起=刑務所暴動、囚人大量脱走で

「普段より注意して生活を!」=マナウス総領事館が注意喚起=刑務所暴動、囚人大量脱走で

錦戸健会長(2009年撮影)

錦戸健会長(2009年撮影)

 1月1、2日、アマゾナス州マナウス市内の刑務所で暴動が起き、囚人225人が脱走した。脱走者のうち148人は捕まっておらず、市内等で起きる犯罪組織間の報復殺人や脱走犯による強盗が起きている。市内商店街も営業時間を短縮するなど、不安を抱えつつ生活している様子が伯ニュースサイトで伝えられた。同市内日系団体に実際の様子を取材した。
 西部アマゾン日伯協会の錦戸健会長に電話取材すると、今のところ日系人への被害は起きていないとのこと。「犯罪組織間の抗争による殺人は起きている。また、強盗は組織に属さない脱走犯の犯行という可能性もある。普段より注意して生活しているが、今のところは商店街等も普通に経営している」と市内の様子を語った。
 錦戸会長は「とにかく気をつけること」と強調。「『気をつける』と言っても、ついつい気を抜きがち。犯罪組織の抗争に巻き込まれないように、狙われないような行動をして欲しい」と呼びかけている。
 また、アマゾナス日系商工会議所職員は、「在マナウス日本国総領事館の注意に合わせ行動、会員にも注意喚起している」と現在の状況を語った。同会議所のほとんどの会員は企業関係者だが、工場等は通常の操業をしている。
 マナウス総領事館サイトに13日に掲載された治安情報によると、アマゾナス州とロライマ州には国軍兵士が100人ずつ派遣され、逃亡者の捜索等治安維持の応援にあたっている。
 同総領事館からは周囲に溶け込む服装(目立たない服装)で出かけること、貴重品・大金を持ち歩かない、夜間の外出は控える、出来るだけ団体行動をすることを呼びかけている。
 さらに、銃撃戦に巻き込まれた場合はまず安全な場所へ退避すること、退避できなければ犯人との間に障害物を置き身を伏せて隠れることを指示している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 外務大臣表彰が23人と1校に=農業、軍、音楽など多分野から2020年12月1日 外務大臣表彰が23人と1校に=農業、軍、音楽など多分野から  日本政府は1日に外務大臣表彰を発表し、ブラジルからは23人と1校が受賞した。外務大臣表彰は,多くの人が国際関係の様々な分野で活躍し、日本と諸外国との友好親善関係の増進に多大な貢献をしている中で、特に顕著な功績のあった個人および団体の功績を称えるとともに、その活動に対する一層の […]
  • マナウス=草の根協力で運動場整備=リョータ・オヤマ州立小学校に2020年11月25日 マナウス=草の根協力で運動場整備=リョータ・オヤマ州立小学校に  在マナウス日本国総領事館(関口ひとみ総領事)は11月6日、日本政府の草の根・人間の安全保障無償資金協力による「リョータ・オヤマ州立小学校運動場整備計画」の贈与契約署名式を、同校の父兄教師コミュニティー協会(APMC、オザナ・リマ会長)との間で行った。  同計画は小学 […]
  • ≪記者コラム≫本紙サイトの使い方とPDF版購読の薦め2020年11月24日 ≪記者コラム≫本紙サイトの使い方とPDF版購読の薦め  「10月になってから配達がひどくなった」「11月の新聞が一回も来ていない」「古新聞がまとめてドサッとくる」など、読者からの苦情の電話を毎日お聞きして、本当に心苦しい。サンパウロ市地域は本紙モトケイロが配達して回るから、変わらない。  だが、それ以外の地域の新聞配達を […]
  • 《ブラジル》大統領「違法木材の購入国を暴露する!」=BRICS会議で吠える=欧州諸国の批判を強くけん制=WHO再編なども要望2020年11月19日 《ブラジル》大統領「違法木材の購入国を暴露する!」=BRICS会議で吠える=欧州諸国の批判を強くけん制=WHO再編なども要望  ボルソナロ大統領は17日、オンラインのBRICS会議の席で「森林伐採を急増させたことでブラジルを非難しながら、実は違法伐採された木材を購入している国のリストを作成し、近日中に公表する」と発言して、欧州諸国を強くけん制し、物議を醸した。18日付現地紙が報じた。  BR […]
  • 日本政府がブラジルを支援=医療強化や森林火災消火活動で2020年11月18日 日本政府がブラジルを支援=医療強化や森林火災消火活動で  10月29日にブラジル外務省(イタマラチ宮)で日本政府がブラジルに対し、「新型コロナウイルス感染症に対する保健・医療体制強化のための医療器材支援プロジェクト」開始と「アマゾン森林火災消火活動支援プロジェクト」による物資提供する記念式典が開かれた。  日本の代表として […]