ホーム | 日系社会ニュース | 収容日系人らの品、公開へ=米シアトルの日本町ホテル

収容日系人らの品、公開へ=米シアトルの日本町ホテル

 【シアトル共同=伊藤光一】米西部シアトルにある旧日本人街のシンボル「パナマホテル」が、第2次大戦中に米国で強制収容された日本人や日系人が残した家財道具などの品々を年内にも一般公開する。オーナーの米国人ジャン・ジョンソン氏は「埋もれた(日系人の)歴史を知る機会になれば」と話している。
 パナマホテルは長崎県出身の建築家小笹三郎氏が設計。1910年に開業し、地階の銭湯「橋立湯」は日系住民の社交場としてにぎわった。周辺には日本語の看板の商店や劇場、写真館が立ち並び、ニホンマチ(日本町)と呼ばれた。
 日米開戦後の42年、米政府は日本にルーツがある人々が母国に協力する恐れがあるとして全米10カ所以上の遠隔地に隔離。許可された所持品はトランク2個分だけだった。当時のホテル経営者堀隆氏は日本町の住民が残した所持品をホテルに預かり固く施錠、本人も収容所に送られた。
 現オーナーのジョンソン氏は、80年代にパナマホテルが売却されると知り、取り壊されて再開発されることを懸念。思い切って購入したところ、地下で家族写真や食器、子どもの漢字練習帳など大量の品々を発見した。
 日本町は住民の隔離中に家屋が勝手に売買されて戦後も戻れなかった人が多く、品々の引き取り手はないままだ。飲みかけの一升瓶や履き古した革靴などごみ同然の物も多いが、ジョンソン氏は「本人や子孫に返還できるよう、保管する約束を守る」と話す。
 ベストセラー小説「あの日、パナマホテルで」の著者ジェイミー・フォード氏は「日本町を訪れ戦前の品々を見ることは、アンネ・フランクの家でアンネの日記を見るのと同じ」と意義を話す。
 パナマホテルは創業時のままの内装や調度品で営業。ジョンソン氏は「窓からの光も、遠来の宿泊客のひとときの眠りも当時と変わらない。1世紀前の息吹を今も感じられる」と話している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • ■訃報■本紙パラー州通信員の下小薗昭仁さん2019年5月24日 ■訃報■本紙パラー州通信員の下小薗昭仁さん  【既報関連】本紙のパラー州通信員の下小薗昭仁さんが22日午前8時半、同州ベレンのアマゾニア病院で亡くなった。享年81。死因は肺炎の悪化によるもの。  下小薗さんは1937年8月29日生まれ、鹿児島県伊佐市出身。20歳、1957年10月にアマパー州マザゴン植民地へ入植した。 […]