ホーム | 日系社会ニュース | モニカ作者が在日伯人へ贈物=学習用スタンプで児童を激励

モニカ作者が在日伯人へ贈物=学習用スタンプで児童を激励

贈り物に笑顔を見せる生徒ら(提供写真)

贈り物に笑顔を見せる生徒ら(提供写真)

 【既報関連】昨年末のクリスマスプレゼントに引続き、国民的人気漫画『モニカ』の作者であるマウリシオ・デ・ソウザさん(81)から先日、多くの伯国籍生徒を抱える滋賀県湖南市の小中学校などに対して、心温まる贈物が届けられた。
 マウリシオ・デ・ソウザ・プロダクションの沖野リカルドさんらが訪日し、湖南市教育委員会を訪問。「アテンソン(注目して)」、「パラベンス(がんばったね)」などと書かれた、4種類のキャラクター入り学習用スタンプ20セットが届けられた。
 学習用スタンプは市内の日枝中学校で日本語教室を担当する、青木義道教諭(38)の考案が発端。保護者向け配布物のうち必ず目を通して欲しいものに「インポルタンテ(重要)」と手製印を押したことが全国の研修会で発表され、教師の間で反響を呼んだ。

作製したスタンプを手にするマウリシオさん(提供写真)

作製したスタンプを手にするマウリシオさん(提供写真)

 昨年9月には、金壽堂出版の協力を得て市販化され、全国紙で取り上げられるまでになった。それを知ったマウリシオさんが、「ぜひとも力になりたい」と協力を申し出て、今回の寄贈に至ったという。
 スタンプ寄贈後、日枝中学校では9人の生徒が集り、池本忠好校長から手渡しされると、生徒らの間では感激が広がったという。作製された50セットのうち、30セットは東京のブラジル大使館や国内の伯人学校へ寄贈され、伯人生徒を抱える教育現場で重宝されそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ