ホーム | 日系社会ニュース | ■ひとマチ点描■ラーモスでも「セミしぐれ」

■ひとマチ点描■ラーモスでも「セミしぐれ」

梨に掛けた袋の上で見つけたセミの抜け殻

梨に掛けた袋の上で見つけたセミの抜け殻

 当地俳句界には「ブラジルにセミ時雨はあるか」との論争があると以前、樹海コラムで紹介したら、こんな写真がサンタカタリーナ州ラーモス移住地から届いた。
 「1月31日早朝に梨の収穫作業をしている最中に、梨に掛けた袋の上にセミの抜け殻を見つけた」とのこと。比較的に日本に近い気候を持つラーモス移住地だが、「日本と違って、蝉の種類と生息数が桁違いに少ないようで(素人判断です)、単なる虫の声の一つといった感じでいわゆる〃蝉しぐれ〃にはなっていません」という。
 今年の梨は「冬の寒さが十分だったことも幸いして(JICA短期研修の成果も大きいです!)大玉が多く、逆に重みに耐えかねて枝が折れて落果するものも出て悩ましいところです。たぶん2月半ばにはお届けできると思います。今週が我が家の初出荷です」とのこと。
 ぼちぼち東洋街の店先にも、ヒョウタンのマークがついたラーモス移住地の、シャリシャリと果汁たっぷりの美味しい梨が並ぶかも。日本では7月から9月に出回る和梨。つまり、ブラジルではこれからが夏本番のようだ。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2008年7月24日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2008年7月24日付け […]
  • PTはすでに2年後に照準?!2016年8月30日 PTはすでに2年後に照準?!  「弾劾裁判にはドキュメンタリー映画作家が何人もいて仔細に記録している。どうやらPT系から依頼されて撮影しているよう。2年後の大統領選挙で使うのではないか」―28日昼のCBNニュースで、そんな考察をエポカ誌記者が報告していた▼その見方によれば、PTはすでに今回の地方統一選挙は捨 […]
  • 《ブラジル》サンパウロ州のアウキミン知事が18年大統領選への意欲示す=サンパウロ市長のドリアが宣言のお膳立て2017年3月8日 《ブラジル》サンパウロ州のアウキミン知事が18年大統領選への意欲示す=サンパウロ市長のドリアが宣言のお膳立て  ジェラウド・アウキミン・サンパウロ州知事(民主社会党・PSDB)は6日、サンパウロ市で行われた、約400人の企業家との昼食会で、18年大統領選に対する出馬意欲を初めて認めた。7日付現地紙が報じている。  6日の昼食会は、サンパウロ市のジョアン・ドリア・市長(PSDB)が企業 […]
  • 『百年の水流』開発前線編 第三部=リベイラ流域を旅する=外山 脩=(13)2017年6月14日 『百年の水流』開発前線編 第三部=リベイラ流域を旅する=外山 脩=(13)  存在感を維持                                  暗い話になってしまったが、2013年1月のセッテ・バーラスは、ごく普通の明るいムニシピオだった。  人口は1万3、600人、日系は戦前の最多期は380家族居ったが、この時点では8 […]
  • 倫理研究所支部朝のセミナー2004年2月3日 倫理研究所支部朝のセミナー 2月3日(火)  倫理研究所ブラジルサンパウロ支部(山田充伸支部長)主催のモーニング・セミナーが六日午前六時から、ニッケイ・パラセホテルで開かれる。入場無料。 […]