ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 『楽書倶楽部』第36号(日毎叢書企画出版)が2月に刊行された。米国NY在住の野口有紀子さんの「家庭内の異文化交流」では、米国式に育った娘と純和式の本人による、クリスマスと年末年始をどう祝うかで「和平の道のない日米戦争」が繰り広げられた様子がユーモラスに描かれている。《亡き阿部五郎さんの遺作》と説明された「雑文三篇」(「人魂?」など)も。阿部さんは生粋のバステンセで、1995年から月3回「ふるさと通信」を発行し、第100号(1997年)まで続けた新聞人だった。合掌。ほか読み応えのある36篇が並ぶ。興味のある人は電話(11・3341・2113)まで連絡を。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • オザスコ「顕真道場」=生徒120人が昇段式2008年12月16日 オザスコ「顕真道場」=生徒120人が昇段式 ニッケイ新聞 2008年12月16日付け  オザスコ市にある柔道場「顕真道場」(高ネルソン茂樹会長)の生徒に対する今年度の段位授与式が、四日午後七時から同市のACM(キリスト青年協会)で開かれた。 […]
  • リオ日系協会=美術展示会2006年8月5日 リオ日系協会=美術展示会 2006年8月5日付け  リオ日系協会は、二十日、市内コスメ・ヴェリョ1166番で、新人発掘、美術振興、美術愛好家の親睦などを目的とした展示会を行う。同協会独自の企画で、十三回目の催しだ。問い合わせ電話21・2556・9010。 […]
  • やすらぎホームつつじ祭り2004年6月29日 やすらぎホームつつじ祭り 6月29日(火) […]
  • パラリンピックでも日語診療=五輪期間中に19件対応2016年8月31日 パラリンピックでも日語診療=五輪期間中に19件対応  サンパウロ市のサンタクルス病院(旧日本病院)がリオ五輪の観戦に訪れる邦人に対し、医師と看護婦らリオ五輪派遣団を組織してフリーダイヤルを設置し、日本語での診療に応じた結果、期間中に19件の対応をした。  石川レナト理事長によれば、大半は軽症で電話相談から実際に診察するものまで […]
  • 東西南北2011年4月26日 東西南北 ニッケイ新聞 2011年4月26日付け […]