ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 『楽書倶楽部』第36号(日毎叢書企画出版)が2月に刊行された。米国NY在住の野口有紀子さんの「家庭内の異文化交流」では、米国式に育った娘と純和式の本人による、クリスマスと年末年始をどう祝うかで「和平の道のない日米戦争」が繰り広げられた様子がユーモラスに描かれている。《亡き阿部五郎さんの遺作》と説明された「雑文三篇」(「人魂?」など)も。阿部さんは生粋のバステンセで、1995年から月3回「ふるさと通信」を発行し、第100号(1997年)まで続けた新聞人だった。合掌。ほか読み応えのある36篇が並ぶ。興味のある人は電話(11・3341・2113)まで連絡を。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 琉球古典芸能が一堂に=ベテラン勢揃いで発表会2015年9月2日 琉球古典芸能が一堂に=ベテラン勢揃いで発表会  『第1回琉球古典音楽・琉球古典舞踊発表会』が同実行委員会(知念直義委員長)により、6日午後1時から沖縄県人会館(Rua Tomas de Lima, 72, […]
  • 日系人が息子2人を殺害=妻の浮気が犯行理由か2016年10月1日 日系人が息子2人を殺害=妻の浮気が犯行理由か  サンパウロ州サン・ジョゼ・ド・リオ・プレット市で25日、畜産学者のイマイズミ・ヒューゴ容疑者(41)が、3歳と4歳になる自身の息子2人の殺害容疑で逮捕されたと、30日付けグローボ紙が報じた。  容疑者は息子2人を睡眠薬で眠らせた後、頚部をナイフで殺傷したと見られる。その後、 […]
  • 射撃協会が記念祭典=「楽しく」をモットーに2008年4月19日 射撃協会が記念祭典=「楽しく」をモットーに ニッケイ新聞 2008年4月19日付け  移民百周年を記念して、〇四年から予選大会を続けてきたノーバ・バンデイランテ射撃協会(山本恒夫代表)は二十七日、文協ビル大サロンで記念祭典を開催する。入場無料だが、保存できる食品の持参をよびかけている。 […]
  • バザー客3千人、盛況=エスペランサ=今年も総領事夫人ら参加2008年5月29日 バザー客3千人、盛況=エスペランサ=今年も総領事夫人ら参加 ニッケイ新聞 2008年5月29日付け  エスペランサ婦人会の第五十七回慈善バザーと第十八回女性だけの歌謡まつりが四日に文協ビルで開催され、約三千人が訪れた。このバザーは、戦後に日本へ救援物資を送るために開始した伝統の行事。 […]
  • リオ市長選=PSDB候補にベビアーノか=大統領と敵対の元選挙参謀2020年3月7日 リオ市長選=PSDB候補にベビアーノか=大統領と敵対の元選挙参謀  10月のリオ市長選の民主社会党(PSDB)候補として、ボウソナロ政権で1カ月半、大統領府総務室長官を務めたグスタヴォ・ベビアーノ氏の名前が公表され、ウィルソン・ヴィッツェル・リオ州知事(キリスト教社会党・PSC)の協力を得る準備も進められていると、6日付エスタード紙が報じてい […]