ホーム | コラム | 樹海 | ブラジルのお役所仕事と政治家の素早さと

ブラジルのお役所仕事と政治家の素早さと

 ブラジル国内面担当という立場上、〆切後、その後に出た記事や紙面に入らなかった報道を確認するが、呆れたり、腹が立ったりする記事によく出会う▼7日夜は、ルーラ元大統領が「官房長官就任差し止めは最高裁の歴史的なミスだ」と指摘して修正を求めたとの記事や、クーニャ元下院議長が「ルーラ氏夫人の故マリーザ氏と同じ脳動脈瘤があるのに刑務所内では適切な治療が受けられないから、刑務所から出せ」と要求したという記事に、「往生際が悪い」「姑息」と呟いた。選挙高裁が労働者党や民主運動党などの政党取り潰しに繋がりかねない審理のための報告官を決めるとの報道と共に、政党取り潰し回避のための法案が議会に提出され、緊急審議要請も通ったとの報道もある

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ