ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 国際交流基金は、16日午後7時から、聖市の三重県人会館(Av. Lins de Vasconcelos, 3352)で、松涛館流の空手講師を招き、ワークショップを行う。入場無料。20年東京五輪で空手が正式に種目として採用されたことを受けて、次の五輪に向けて空手を伯国でもさらに普及を図ることが狙いだという。17、18日には、ミナスジェライス州で行われる第6回日本祭りでも実演も行うのだとか。申込みは、同基金(info@fjsp.org.br、11・3141・0110)まで。
     ◎
 川柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)の第212号が2月に発行された。《酉年に老いた駄馬でも飛ぶ構え》(荒井花生)とあるように何事も心意気が大事なよう。《ガーロ鳴き弁当担いで出た昔》(鈴木甘雨)は農業経験者ならみな肯くところか。《おどかすなお前が市議かと信じかね》(中山哲弥)には「下議」とか「大臣」とか色々なパターンがありそう。えっ「大統領」も。《ゴミと愚痴はいてもすぐによくたまり》(那須アリセ)同様に「埃とぼやき」もよく溜まるかも。《カタカナ語使うが英語話せない》(角谷博)の延長で、英語ペラペラの人はあんがいカタカナ語を使わないらしい―との話も。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■今週末の催し2013年10月3日 ■今週末の催し ニッケイ新聞 2013年10月3日  土曜日(5日)  青葉祭り、午前7時、宮城県人会(Rua Fagundes, 152, Liberdade)      ◎  聖南地区日本祭り(ジャパンスル)、午前10時、エレトロパウロ・クラブ(Rua Peixe […]
  • 大耳小耳2017年4月7日 大耳小耳  4日付本面「5県人会の第22回屋台祭り」の記事中に誤りがあった。滋賀県人会が出すのはてっきり「近江肉うどん」かと思っていたら、本当は「関西風しょうゆラーメン」だそう。20レで販売する。聖市のラーメンブームに新しく関西風が参入だ。レストランの料理は一年中食べることができるが、婦 […]
  • 大耳小耳2016年9月13日 大耳小耳  「ウチナーンチュの心」を次代に伝えるための日ポ両語の同人誌『群星』第2巻が、ブラジル沖縄県人移民研究塾(宮城あきら塾長)により7月に発刊された。9月20日にその合評会が予定されていたが、大事な有志、高安宏治さんが入院・手術中ということもあり、延期になった。高安さんは、本紙6面 […]
  • 大耳小耳2016年8月4日 大耳小耳  非日系人の来場客が過半数を超え、『サンパウロの祭り』と認識され始めた県連日本祭り。県連代表者会議では、宮城県人会の中沢宏一会長から「NHKニュースで『ある伯国の日系団体が主催した』と報道された。非常に残念」と悲しむ発言があった。本橋元会長からは「日本では自民党の支部を『県連』 […]
  • 大耳小耳2016年7月22日 大耳小耳  『岩手日報』7月21日付国際面の「海外県人会だより」コーナーでは、県連日本祭りの岩手県人会食ブースの奮闘ぶりが、千田曠曉会長によって次のように報告された。《岩手県人会は、長年出品している岩手産ワカメを使用した「三陸わかめうどん」が目玉。わかめソバ、コロッケ弁当、コロッケ(ブラ […]