ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 《サンパウロ市》黄熱病ワクチンが不足?=月末までに分配予定も

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》労相指名取消に刑執行問題=最高裁長官に新たな圧力2018年2月22日 《ブラジル》労相指名取消に刑執行問題=最高裁長官に新たな圧力  ブラジル労働党(PTB)が20日、クリスチアネ・ブラジル下議の労相指名取り下げを決めたと20、21日付現地紙・サイトが報じた。 […]
  • LJアビズモ=サンバのエスコーラにも贈賄=フェレイラ容疑者の恩恵で=あるダンサーには毎月支払2016年7月6日 LJアビズモ=サンバのエスコーラにも贈賄=フェレイラ容疑者の恩恵で=あるダンサーには毎月支払  4日敢行のラヴァ・ジャット作戦(LJ)「アビズモ」で再逮捕された労働者党(PT)元会計のパウロ・フェレイラ容疑者が、南大河州ポルト・アレグレのエスコーラ・デ・サンバや、所属のダンサーに贈賄を行っていたことが大きな波紋を投げかけている。5日付伯字紙が報じている。 「アビズモ」そ […]
  • レーリアの展示会の風景(Tomaz Silva/Agência Brasil)2015年2月26日 ブラジル版ブラック・パワー=レーリアの展示会がリオで=70年代の黒人啓蒙運動を牽引  1960年代から70年代にかけて、アメリカではマーティン・ルーサー・キング牧師やマルコムX、ブラック・パンサー党の女闘士アンジェラ・デイヴィスなどを筆頭に黒人の人種平等を求めた運動が盛り上がり、それは「ブラック・パワー」とも呼ばれたが、ブラジルにも同様の運動を行なった象徴 […]
  • 東西南北2015年8月19日 東西南北  17日、聖市内を走るCPTM12号線で、電気系統のトラブルが発生した。理由は午前8時頃にブラス駅とカウモン・ヴィアーナ駅間で電柱のひとつが倒れ、それが電気障害を引き起こしたとのことだ。このため、その時電車に乗っていた人は、冷房も切れ、停車したままの電車の中で閉じ込められ、 […]
  • 休暇中の営業日や時間は=16日~18日は要注意2015年2月14日 休暇中の営業日や時間は=16日~18日は要注意  カーニバルのため、16日(月)から18日(水)は銀行などの営業時間が変更されるので、注意が必要だ。 東西南北欄にもあるように、大聖市圏の場合、銀行や郵便局は16、17日は一日中、18日は午前中が休みとなる。唯一の例外はグアルーリョス空港内の郵便局で、16、17日も9時から […]