ホーム | 日系社会ニュース | 米首都=差別の悲劇「繰り返すな」=日系人収容75年でイベント

米首都=差別の悲劇「繰り返すな」=日系人収容75年でイベント

 【ワシントン共同】第2次大戦中の日系人強制収容につながった米大統領令署名から75年の19日、「敵性外国人」として隔離された日系人の歴史を話し合うイベントが米首都ワシントンのスミソニアン米国歴史博物館で開かれた。イスラム圏7カ国からの入国を禁じるトランプ政権の大統領令が注目される中、参加者は口々に悲劇を繰り返してはいけないと訴えた。
 高校生ら4人と、強制収容を体験した日系2世の4人が参加。西部ワイオミング州で収容所生活を経験したタカシ・ホシザキさん(91)は、トランプ政権下でイスラム教徒への偏見が増し、差別が「また始まっている」と懸念を表明した。
 東部メリーランド州の高校2年リード・レベンティスさん(17)は「米国を良くするために収容の歴史を語り継いでいく必要がある」と指摘。他の参加者も一様に「日系人に起きたことが、他の人種グループに起きてはならない」と強調した。
 同博物館は17日、日系人強制収容に関する特別展を開始。1942年2月19日にルーズベルト大統領が署名した「大統領令9066号」の原本3ページのうち1ページ目や、当時の写真などを公開している。展示は来年2月まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「スピコン、弁論大会」を開催=県連、日語センター共催で2012年9月20日 「スピコン、弁論大会」を開催=県連、日語センター共催で ニッケイ新聞 2012年9月20日付け  県連・ブラジル日本語センター共催による『第6回弁論大会』『第33回スピーチコンテンスト』が23日午前9時半から、広島県人会館(Rua Tamandare, 800, […]
  • 茨城県人会=母県に義捐金5百万円2011年7月1日 茨城県人会=母県に義捐金5百万円  茨城県人会(小林操会長)が、東日本大震災で被災した人々への義捐金として、500万円を県に直接届けた。同県人会の小林会長ら関係者が、報告のため来社した。  同会では、震災発生直後から、インターネットなどを通して募金活動を開始。 […]
  • 数十年に一度の大仕事『ブラジルの大地に生きる』2017年7月28日 数十年に一度の大仕事『ブラジルの大地に生きる』  コロニア人物紹介本で、これほど網羅した本はもう二度と出版されないかも――このほどサンパウロ新聞から出版された『ブラジルの大地に生きる』(392頁)のことだ。なんと2年半かけて北はアマゾンから南は南大河州まで、靴をすり減らして歩き回って120人も取材した労作だ。  う […]
  • 隠れキリシタンを描=中島宏さんが小説出版2015年11月6日 隠れキリシタンを描=中島宏さんが小説出版  サンパウロ市在住の中島宏さんが小説『クリストレイ―約束の地―』(上・下)をこの度発表した。それぞれ423、420頁。 2011年に発行の『ブーゲンビリア』(文藝春秋企画出版部)に続く、自身2作目となる本作は、物語の中心をノロエステ線プロミッソンのコロニア最古の教会、クリストレ […]
  • 聖週間はどう過ごす?=食事制限に受難劇鑑賞=肉食より魚の特殊な週2010年4月1日 聖週間はどう過ごす?=食事制限に受難劇鑑賞=肉食より魚の特殊な週 ニッケイ新聞 2010年4月1日付け  3月28日の〃棕櫚(しゅろ)の主日〃から始まった聖週間も、最後の晩餐がもたれた〃洗足の木曜日〃〃愛の戒めの木曜日〃を迎えた。 […]