ホーム | 文芸 | 連載小説 | 自分史 戦争と移民=高良忠清 | 自分史 戦争と移民=高良忠清=(18)

自分史 戦争と移民=高良忠清=(18)

 ここでの仕事は朝七時から夜の十時、十一時ぐらいまでが当たり前だった。昭和三十五年(一九六〇年)に結婚し、妻も一緒に兄夫婦の御世話になりながら一男,一女が生まれた。
 妻は一世だが、二歳でブラジルに来たので二世同様、日伯両語を話せるので、彼女にはずいぶんポルトガル語を教えてもらった。兄の工場ではみんな沖縄語を話していたが、私はなるべくポルトガル語を使うようにした。
 いつまでも兄の世話になるわけには行かず、何時かは独立して自分で商売をしたいと思っていたからだ。ひとり立ちこうして兄の世話になりながら十二年あまりもたってから、やっと思い切って独立することにした。
 義弟が建材店を経営していたので私はトラックを買って砂、砂利、レンガの商売を始めた。まだ言葉も自由に話せず、単語を並べ、後は身振り手振りで建築現場に注文取りに行った。それでも、日本人なら信用できると何人かのお得意さんが出来るようになった。
 移民の御先輩方々が、この地で立派に信用される道を歩いてこられたお陰で、何処に行っても日本人として快く受け入れてもらった。毎日、朝は三時、四時ごろ起きて、二人の助手を連れて砂や砂利、そしてレンガの注文を積み込み、午後六時頃までには、トラック二、三台分は工事現場に直接配達できた。
 十年余りこうして働いているうちに、ブラジル語もだいぶん話せるようになり、長男も十四歳に成長、ぼつぼつ建材店を開業したいと義弟に相談したら、それは良いことだと力を貸してくれることになり、空き地を借りて店を立てて、三人の従業員と妻、そして学校の合間に手伝ってくれることにした子供と一緒に開店した。
 時は流れ、子供達も成長して店は日ごとに繁盛して行くうちに、ちょうどこの店の前の売りに出された土地を買い、下は店、上は住居に建物を新築してそちらに移った。
 長男も長女も結婚し、一応親の責任も果たせたし、孫達も生まれてからは店の責任も息子に渡した。やっと腰を休めながら、そして昨今、日系社会の沖縄県出身の一人として故郷へ思いを忘れることなく、小禄の文化と伝統を後生に繋げたいという志から、ブラジルの字小禄・田原字人会の会長としての任期中、わが故郷の伝統行事腰休(クシユクイ)を、沢山の同胞とともに二〇〇五年に催すことが出来ました。
 沖縄の字小禄の人達は、昔から主に農業と商業に携わってきました。そこで五穀豊穣、商売繁盛を祈願するため、弥勒を先頭に一年の収穫を終え、村人達が集まって歌ったり、踊ったりして楽しい一日を過ごすならわしが「腰休」(クシユクイ)なのです。
 おわりに私も人生の腰休(クシユクイ)をさせてもらう歳になって、古い戦前の移民の御先輩たちに思いを巡らせる時、ブラジルの言葉を教えてくれる人も無く、ポルトガル語を一字たりとも読むこともできないまま、異国で生活された苦難を想像して感銘するのです。
 四、五年も働いてお金を儲けてから錦を飾って、また故郷に帰る夢と希望を胸に古里を後にしたものの、配耕された耕地で現実には奴隷同様に扱われ、やっと独立して仕事を始めてからも、言葉にも不自由しながら茨の道を歩くことになったに違いない。
 その子供達にはブラジル教育をさせ、やっと親の片腕になれる頃には戦争が始まり、ブラジル人からも圧迫されることとなった厳しい道のりを察するとき、感動せずにはいられません。
 日本は戦争に敗れ、錦を飾って故郷へ帰る希望も失くして、ブラジルが永住の地となった。そのような汗と血と涙の結晶で、忍耐強く日系社会の基礎を築いてくださった御先輩移民の方々に敬意を表したいと思います。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • バラク現象で活気=伯GDP10位から8位へ2008年12月10日 バラク現象で活気=伯GDP10位から8位へ ニッケイ新聞 2008年12月10日付け  バラク米次期大統領が、公共投資と雇用創出包括案の発表示唆をしたことで世界の金融市場が八日、反応しサンパウロ市証券市場も八・三一%も反騰し活気を呼び戻したと九日付けジアリオ・デ・コメルシオ紙が報じた。 […]
  • 1ドル3・5レ遂に突破=たまらず中銀介入を宣言=デフォルト予想の投機筋も2015年8月8日 1ドル3・5レ遂に突破=たまらず中銀介入を宣言=デフォルト予想の投機筋も  6日夜、6営業日連続のドル高の結果、対ドル・レアル為替が、1ドル=3・53レを記録した事を受け、ブラジル中央銀行(BC)は、市場介入を宣言したと7日付伯字各紙が報じた。 最新のダッタフォーリャの調査結果で、ジウマ大統領の不支持率が71%まで高まった事を受け、6日の為替相場 […]
  • パナソニック=新社長に村上廣高氏=〃環境〃切り口に展開2012年2月28日 パナソニック=新社長に村上廣高氏=〃環境〃切り口に展開 ニッケイ新聞 2012年2月28日付け  パナソニック・ド・ブラジルの新社長に就任した村上廣高氏(55、兵庫)が24日、篠原一宇副社長と来社し、着任のあいさつを行なった。 […]
  • イ・コロニアル予選大会=イビラプエラ競技場で13日=アナスピ2008年4月11日 イ・コロニアル予選大会=イビラプエラ競技場で13日=アナスピ ニッケイ新聞 2008年4月11日付け  サンパウロ日系ベテラーノ陸上協会(アナスピ、内田アルベルト仁志会長)は十三日午前七時から午後六時まで、イビラプエラ陸上競技場で「第三十一回陸上予選大会」を開催する。 […]
  • いのしし会=白寿の大猪も出席予定!=28日夜、三重県人会で2010年1月12日 いのしし会=白寿の大猪も出席予定!=28日夜、三重県人会で ニッケイ新聞 2010年1月12日付け  「亥(いのしし)年、あつまれ!」――。いのしし年生まれで結成する「いのしし会」(近沢宗貴会長)の恒例新年会が、28日午後7時から三重県人文化援護協会会館(Av. Lins de Vasconselos, 3352, Vila […]