ホーム | 日系社会ニュース | 《ブラジル》JRパス問題、日本側が譲歩=東京五輪の年まで利用可=10年以上在住の永住者限定

《ブラジル》JRパス問題、日本側が譲歩=東京五輪の年まで利用可=10年以上在住の永住者限定

JRパス(提供: fletcherjcm, 2010(flickr))

JRパス(提供: fletcherjcm, 2010(flickr))

 【既報関連】外国在住の日本国籍者へのJRパス販売停止が始まる直前の3月31日、同グループは、10年間以上外国に住む在留邦人はこの6月から東京五輪の年の年末まで、今までどおりにJRパスを使えるようにすると発表した。高齢化した移民が五輪を機に家族を連れて里がえりすることを尊重し、その間だけJRパスを使えるようにすると、JR側が譲歩した格好だ。日系社会の代表団体が嘆願書を送った成果であり、喜びの声が広がっている。

 昨年11月11日、JRグループはこの4月から日本国籍所持者へのジャパン・レール・パス(以下JRパス)の販売を停止すると発表した。それに反発し、ブラジル日本都道府県人会連合会を先頭に、ブラジル日本文化福祉協会なども嘆願書を送った。サイト上では世界的な署名活動が行なわれ、3月末には初期目標の7500人を超えていた。
 それらを受けJRグループは3月31日、「『日本国旅券』と『在留期間が10年以上であることを確認できる在外公館で取得した書類』があれば日本国外でも6月1日~2020年12月31日まで引換券の購入ができる」と発表した。
 10年以上外国に在住する永住者には、期間限定で利用再開を認めるとの再変更だ。
 県連の山田康夫会長はこの発表に、「我々にも日本から連絡があった。とても良い報せ。3年間の利用再開だが、我々の主張が多少なりとも受け入れられたようで嬉しい。日本の方々に日系社会の価値を認めてもらえた」と喜びを語った。
 県連に続いて嘆願書を送った文協の呉屋春美会長は、「県連や文協など各日系団体など日伯間を頻繁に移動して活動している人が楽になり、文協職員も喜んでいる。日本移民の存在を理解してくれたようで嬉しい」と語った。
 サイト上で署名活動を行なう「JRパスを考える在外邦人の会」主宰者は「私達やブラジルのコロニアの声が届いた成果。在外邦人の存在を日本の大企業に認めさせることができた大きな前進。不平等が生じない利用資格の設定のために今後も私達当事者の声も聞いて欲しい」とのコメントを本紙に寄せた。
 なお、『在留期間が10年以上であることを確認できる在外公館で取得した書類』が具体的にどれなのかを示す情報は、5月下旬にJRパスサイト(http://japanrailpass.net/index.html)での発表される予定。
 また、日本国内でのJRパスのチケット引き換えは、6月1日~2021年3月30日まで。値段は現行の販売金額と同じ2万9110~5万9350円となる。ただし、この4、5月の間は購入不可なので要注意。


□関連コラム□大耳小耳

 日本国有鉄道は1987年4月1日から民営化。その記念すべき「国鉄民営化30周年」を迎える前日に、JRパス利用資格の再変更の発表となった。今回の発表により、取材中に「東京五輪に行きづらくなる」と語った多くの人が2020年も日本に行けるようになった。また「JRパスを考える会」のフェイスブックページでも、「疑問はあるが良い報告」と好意的に取り上げられている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 在聖総領事館=一世紀の節目を盛大に祝う=記念昼食会に360人駆けつけ2015年8月4日 在聖総領事館=一世紀の節目を盛大に祝う=記念昼食会に360人駆けつけ  「ちょうど100年前に始まった」―在サンパウロ日本国総領事館と関係の深いブラジル日本文化福祉協会やブラジル日本都道府県人会連合会、サンパウロ日伯援護協会などの日系団体や日系議員、日本政府関係団体、諸外国領事館関係者等、約360人が一堂に会し、同総領事館が設立から100年を […]
  • 県連故郷巡り=アララクアラ、ノロエステ巡訪=(1)=近年最多、参加者は159人=州境の町、ジャーレスへ2018年10月17日 県連故郷巡り=アララクアラ、ノロエステ巡訪=(1)=近年最多、参加者は159人=州境の町、ジャーレスへ  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の「第49回故郷巡り」が、先月20~25日の6日間、グローバル旅行社により催行された。今年で30年目を迎える今回のツアーの訪問地となったのは、旧アララクアラ鉄道から旧ノロエステ鉄道にまたがる地域だ。近年では最多と見られる1 […]
  • ごあいさつ2018年1月3日 ごあいさつ 謹んで新年のお慶び申し上げます=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫  謹んで新年のお慶び申し上げます。  旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。  海外最大の日系人集団地ブラジルは、節目の移民110年周年を迎えました。  県 […]
  • 千葉県人会が60周年迎え=滝川副知事らが慶祝訪問=『仲良く、楽しく、正しく』2017年9月5日 千葉県人会が60周年迎え=滝川副知事らが慶祝訪問=『仲良く、楽しく、正しく』  ブラジル千葉県人会(原島義弘会長)による同県人会創立60周年記念式典が8月27日、サンパウロ市ジャバクアラ区の同県人会館で行われた。県人を中心に約100人が参列。母県からは滝川伸輔副知事、河上茂千葉県議会ブラジル友好議員連盟会長、岩田利雄千葉県町村会長、市原武睦沢町長 […]
  • 《ブラジル》日本祭り、初日から大盛況=県人会食ブースに長蛇の列=日本食普及の親善大使も2017年7月8日 《ブラジル》日本祭り、初日から大盛況=県人会食ブースに長蛇の列=日本食普及の親善大使も  いよいよ「第20回日本祭り」が昨日、サンパウロ市で開幕した。主催のブラジル日本都道府県人会連合会はテーマを「20年の歩み」とし、新たな挑戦の年として意気込む。晴天の中、開場を待ちわびる人で初日から長蛇の列ができ、正午の幕開けと共に日本文化の祭典が全貌を現した。  会 […]