ホーム | 日系社会ニュース | 聖南西代表が総合優勝=パウリスタ相撲選手権

聖南西代表が総合優勝=パウリスタ相撲選手権

優勝した聖南西チーム

優勝した聖南西チーム

 相撲の聖州選手権が先月26日、聖市ボン・レチーロ区の常設土俵場で行なわれた。男子が第39回、女子が第19回を数える大会に、200人ほどの選抜力士が集まりしのぎを削った。
 サントアマーロやグランデABC、スザノ各地から代表者が集い、年代、重量別に対戦した。聖南西が男女共に総合優勝を果たした。結果は以下の通り(敬称略)。
 【個人男子】幼年C=ロドリゴ・ダローリオ、同B=ルーカス・リベイロ、同A=ヴィットル・サバッチ、準青年=ラファエル・アジブダーラ、青年=グスタヴォ・ベゼーラ【個人女子】幼年C=エドゥアルダ・コラード、同B=タミー・ヴァケイロ、同A=コリーナ・クレメンテ、準青年=ジオバーナ・ノエナタ、青年=サラー・ゴメス
 【団体男子】幼年C=聖南西A、同B=ノーヴァ・セントラルA、同C=サンパウロ、準青年=聖南西、青年=聖南西【団体女子】幼年B=聖南西、同A=聖南西、青年=ノーヴァ・セントラル

image_print

こちらの記事もどうぞ