ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 4日付本面「5県人会の第22回屋台祭り」の記事中に誤りがあった。滋賀県人会が出すのはてっきり「近江肉うどん」かと思っていたら、本当は「関西風しょうゆラーメン」だそう。20レで販売する。聖市のラーメンブームに新しく関西風が参入だ。レストランの料理は一年中食べることができるが、婦人部の〝お袋の味〟は、日本祭りや屋台祭りなど「一年に数回」しか味わえない。9日は家族や友人と一緒に出かけてみては?
     ◎
 ビートルズのジョン・レノン未亡人で、NY在住の日本人芸術家、オノ・ヨーコさんの展覧会「O CEU AINDA E AZUL, VOCE SABE」(空はまだ青い、あなたは知っている)が聖市ピニェイロス区のトミエ・オオタケ美術館(Rua Corope, 88)で開催中だ。5月28日まで、入場料12レ。10歳以下の子ども、60歳以上の高齢者などは半額。会場には来場者参加型の作品が並び、見て体験して楽しめる。オノさんは自身の服を観客に切らせたり、ガラスの壁に穴を開け、来場客に両側から鑑賞してもらうなど、前衛的な作品で有名。世界的に有名な日本人の作品を見に出かけてみては?
     ◎
 俳誌『朝蔭』第449号が3月に刊行された。《警官スト無法地帯化夏深し》(鈴木きゑ)を読んで、どこの町かと思ったらリオだった。深く納得。普通は「秋深し」と言いそうなところを、「夏深し」というのは、「無法の影が濃い」という意味だろうか。《スーパーの富有柿買う嬉しさよ》(佃千賀子)はアマゾナス州のボア・ビスタ在住者の作だ。きっと聖南西で生産された「聖州の秋の味」が飛行機で運ばれたに違いない。《蚊を打たむ電話のつづき生返事》(猪野ミツエ)からは、耳元を飛ぶ蚊が気になって、電話の声から注意が散漫になっている夏らしい光景が目に浮かぶ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2016年9月13日 大耳小耳  「ウチナーンチュの心」を次代に伝えるための日ポ両語の同人誌『群星』第2巻が、ブラジル沖縄県人移民研究塾(宮城あきら塾長)により7月に発刊された。9月20日にその合評会が予定されていたが、大事な有志、高安宏治さんが入院・手術中ということもあり、延期になった。高安さんは、本紙6面 […]
  • 大耳小耳2016年7月22日 大耳小耳  『岩手日報』7月21日付国際面の「海外県人会だより」コーナーでは、県連日本祭りの岩手県人会食ブースの奮闘ぶりが、千田曠曉会長によって次のように報告された。《岩手県人会は、長年出品している岩手産ワカメを使用した「三陸わかめうどん」が目玉。わかめソバ、コロッケ弁当、コロッケ(ブラ […]
  • 大耳小耳2016年8月4日 大耳小耳  非日系人の来場客が過半数を超え、『サンパウロの祭り』と認識され始めた県連日本祭り。県連代表者会議では、宮城県人会の中沢宏一会長から「NHKニュースで『ある伯国の日系団体が主催した』と報道された。非常に残念」と悲しむ発言があった。本橋元会長からは「日本では自民党の支部を『県連』 […]
  • 大耳小耳2016年4月6日 大耳小耳  和歌山県人会の会報第2号が発刊された。総会や短期訪日交流事業の報告ほか、婦人部が紅しょうがを仕込む様子も掲載されている。その紅しょうが約100キロは4月の屋台祭り、7月の日本祭りなどで売るお好み焼きの材料に。量も量だが、準備に婦人部22人が集るあたり、結束の強さをうかがわせる […]
  • 大耳小耳2016年7月5日 大耳小耳  県連50周年記念事業として企画された講演会。四世以降の日系社会離れが深刻化するなかで、いかに日系社会を活性化させていくかという観点から考案されたと言う。中沢宏一さん(宮城)は、「日本祭り開催や慰霊碑の管理、ふるさと巡りなど独自の活動をしてきた県連。他国にはない強力な団体だ」と […]