ホーム | 日系社会ニュース | 花の自転車で幸せ届ける=JH開館前特別イベント

花の自転車で幸せ届ける=JH開館前特別イベント

 

笑顔で自転車を走らせる東さん(前方左)

笑顔で自転車を走らせる東さん(前方左)

 日本人フラワー・アーティストの東信さん(40、福岡県)が5月に開所するジャパンハウス(JH)のプレオープンイベントとして、花を乗せた自転車で聖市内を走る「フラワー・メッセンジャー」を行っている。初日の8日、30人の参加者らが、自転車でセー広場のゼロ地点から出発した。
 東さんはイベントについて、「市民に綺麗な花と一緒に、幸せや楽しさを届け交流している。私達は彼らの日常に『愛』という感情を感染させている」と楽しそうに語った。
 JHのマルセロ・ダンタス企画局長は「フラワー・メッセンジャーは東さんの特徴が良く表れた移動イベント。花を飾った30台の自転車に乗った様々な若者が聖市の主要な場所に訪れる」とイベントを説明した。
 在聖総領事館の中前隆博総領事はセー広場から同イベントに参加した。「花を飾った自転車に乗り、周囲の人々の反応を見るのが面白かった。こ日伯の関係に友情をもたらすこのイベントで良いスタートが切れた」と満足した様子で話した。
 同イベントは5月7日まで開催される。時間は午前10時~午後6時まで。今日14日はアナ・ローザ駅からリベルダーデ広場まで走る。詳しい日程はJHのFacebookページ(https://www.facebook.com/JapanHouseSP/)で。

image_print

こちらの記事もどうぞ