ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 労働法改正をめぐり、大揺れのブラジルだが、その混乱は改正を承認した下院でも全く同様だった。院内での話し合いの最中にも改正反対派の議員らは、ちぎれた労働手帳を拡大コピーして立て札にしたり、「CLT(労働法)」と大書し、紫色(労働手帳の色)で塗った紙製の棺桶や十字架を持ち込んだりしてロドリゴ・マイア議長らに迫り、反対の意をアピールした。ジウマ氏の大統領罷免などでの抗議運動でもそうだったが、議論は激しく白熱しているのに、抗議の中にこうした機転の利いたユーモアを乗せてくるところがいかにもブラジル流。ニュースでこうした光景を見せられると、やはり気になるものだ。この問題の収束やいかに。

     ◎
 27日未明、エウニシオ・オリヴェイラ上院議長がめまいを起こして倒れ、ブラジリアの救急病院に入院した。倒れた直後は脳梗塞も心配されたが、病院によると、脳内の異常は特に見られないという。エウニシオ氏は今年2月、上院議長に当選したすぐあとに胆嚢の摘出手術を受けるなど、健康面でやや不安な要素を持っている。とりわけ、本日の本面で書いたような大きな法案を抱えていたことで、心労が大きかったか。
     ◎
 サッカーのリベルタドーレス杯、パルメイラスは敵地ウルグアイでのペニャロール戦で、前半は0―2と劣勢だったが、後半に3点を奪い、鮮やかな逆転勝利を収めた。だが、試合終了直後に、両チームの選手が入り乱れての乱闘事件が発生。〃闘犬〃の異名で知られるフェリペ・メロが相手選手の顔をボクサー顔負けのパンチで殴った姿が、翌朝のニュースと新聞を独占した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年5月23日 東西南北  20日夜から21日夜までかけて行われた、今年のサンパウロ市ヴィラーダ・クルツラルは、雨にも祟られ、閑散とした出足で終わった。ジョアン・ドリア新市長は、主要ステージをこれまでのセントロ集中から、北部のアニェンビー、東部のカルモ公園、南部のインテルラゴスなどに拡散させたが、どこの […]
  • 東西南北2019年10月18日 東西南北  ボウソナロ一家とPSLとの泥沼の対立がマスコミの話題をさらっている間に、最高裁では17日から、注目の「2審有罪で刑執行か否か」の審理がはじまった。この審理を巡っても早くも緊張感が高まっており、ボウソナロ大統領が大統領官邸に刑執行反対派の判事を招いた他、元陸軍司令官のヴィラス・ […]
  • 東西南北2019年10月16日 東西南北  15日のPSL党首ルシアノ・ビヴァール氏への連警による家宅捜査は、同氏とボウソナロ大統領の仲を決定的に引き裂く原因になりかねない。一部情報によると、大統領長男のフラヴィオ上議、三男のエドゥアルド下議がボウソナロ氏のPSL残留に向けて工作をはじめているなどの報道もあった矢先。政 […]
  • 東西南北2019年9月4日 東西南北  2日、パルメイラスがフェリポン監督を電撃解任し、ブラジル・サッカー界を驚かせた。2002年のW杯優勝監督でもある同氏は、昨年、自身の古巣でもあるパルメイラスを全国選手権で優勝させていた。だが、リベルタドーレス杯の準々決勝で敗退した上に、1日に行われた全国選手権でも首位のフラメ […]
  • 東西南北2019年7月18日 東西南北  15日早朝、サンパウロ市西部のパルメイラス・バーラ・フンダ駅で、8歳の男の子と13歳の女の子(兄弟)が、38口径の銃を持って歩いているのが見つかり、警備員に保護されるという事件が起こった。2人は「両親が酔って口論となり、父親が銃床で母親を殴り始めたから」、父の手から銃を取り上 […]