ホーム | 連載 | 2017年 | 《ブラジル》県連故郷巡り=「承前啓後」 ポルト・ヴェーリョとパウマス | 《ブラジル》県連故郷巡り=「承前啓後」 ポルト・ヴェーリョとパウマス=(17)=「ゴムの花咲く心のふるさと」

《ブラジル》県連故郷巡り=「承前啓後」 ポルト・ヴェーリョとパウマス=(17)=「ゴムの花咲く心のふるさと」

「Cafe do Bachan」のスタッフの皆さんら

「Cafe do Bachan」のスタッフの皆さんら

斎藤修三さん

斎藤修三さん

 3月19日、PVのホテルで朝食中、一行の斎藤修三さん(77、兵庫県)=聖州オズワルド・クルス在住=と一緒になった。21歳の時、力行会を通して1961年に渡伯した。その3年前に兄・益幸さんがすでに来ていた。

 最初はパラナ州ロンドリーナ市のロレーナ植民地に入植し、アプカラナ農学校で寄宿しながら2年ほど勉強し、バストスで養鶏関係の販売業務を始め、オズワルド・クルスへ移り、いまも現役で仕事を続ける。

 「トレゼ・デ・セテンブロ移住地を見て、アリアンサを思い出したね。村は続いているが、産業は廃れてしまった。子供の教育を考えたら、みな町に出てしまう。ここの場合、町といってもマナウスまで船で3日間だから遠いよね」。

 聞けば、斎藤さんも満州生まれだという。

「父は県の農業指導者。家族を連れて、満州の張家口市の農業試験場に赴任していた1940年にボクは生まれた。でも2歳と8カ月で父が死に、母と兄弟で爺さんの所に帰って来た。だから父の顔は憶えていない。終戦までいたら、危なかったかもしれないね」。

 戦後移民の特徴の一つは、満州出身者が多いことだと改めて認識した。大陸生まれが内地に戻っても農地はなく、元々大陸で暮らしていただけに、日本を離れることに未練が少ない。

     ☆

 午前中に一行は、同移住地の門脇家敷地に昨年10月にできたばかりの軽食レストラン「Cafe do Bachan」を訪ねた。

 「バッチャンは誰のことですか?」と尋ねると、門脇マルガリーダさん(62、二世)のことだった。田辺さんの妹だ。「去年の10月にオープンしたばかりよ。キレイでしょ。お猿、蛇、イノシシがおるのよ。自然がいっぱい」と笑う。

 夫の門脇道雄さん(68、山形県)は、「トレゼ・デ・セテンブロ文化協会」というコロニア自治会の会長をしている。「会員に一世はほとんどいない。二、三世が中心で30人ぐらい。コロニアに住んでいるのは3家族だけ。営農しているのも2、3家族」とのこと。

 門脇さんは「64年間、入植以来、ずっと同じ場所に住んでいる。一度もここから動いたことがない」と胸を張る。実際、凄いことだ。

 「バッチャン」の庭には「グァポレ移民の碑」が立っていた。なんと2008年6月に日本移民百周年と同移住地入植54年を記念して建立された。入植者全員の名前が、日ポ両語で刻まれた立派なものだ。

 その最後には、次の短歌が彫られていた。

《忘れ得ぬ開拓の友ありトレーゼは ゴムの花咲く心のふるさと》

(つづく、深沢正雪記者)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》県連故郷巡り=「承前啓後」 ポルト・ヴェーリョとパウマス=(26)=約5ヘクタールを500レアルで購入2017年5月16日 《ブラジル》県連故郷巡り=「承前啓後」 ポルト・ヴェーリョとパウマス=(26)=約5ヘクタールを500レアルで購入  トカンチンス日伯文化協会の創立は1996年6月20日。パウマスの町が始まって6年目だ。会館は日本政府の支援で、移民百周年の直前、2007年に建設された。故郷巡り一行が来たすぐ後に、ブラジリアの日本国大使館によって草の根を使った体育館建設援助の署名式も行われた。  日 […]
  • アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと2019年2月5日 アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと  昨年末をもってサンパウロ新聞(以下、サ紙)が廃刊した。あちこちから「それについて書かないのか」とせっつかれる。他人ごとではないだけに非常に気が重いテーマだ。まず思い浮かぶのは「お疲れさま。お互いよくここまで持った」という感慨だ。110周年まで日刊2紙が生き残ったこと自 […]
  • 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り2019年1月4日 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り  大晦日の聖市風物詩、リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)が主催する第48回餅つき祭りが、31日午前9時からリベルダーデ日本広場で開催され、2万袋の紅白餅が配られたほか、グローボ局が昼のニュースSPTVで生中継した。  まず来賓らが順番に餅つきに参加し、 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 天皇誕生日=在聖総領事公邸で400人が祝う=大浦氏「平和を体現されたお方」2018年12月8日 天皇誕生日=在聖総領事公邸で400人が祝う=大浦氏「平和を体現されたお方」  今月23日に85歳を迎えられる今上陛下の誕生日を祝し、「天皇誕生日祝賀会」が5日午後、在聖総領事公邸で催された。平成最後となる陛下の誕生日とあって、地方からも出席者が駆けつけ、約400人で公邸はごったがえしとなり、みなで皇室の弥栄を祈った。  来年1月7日に在位30 […]