ホーム | 連載 | 2017年 | 《ブラジル》県連故郷巡り=「承前啓後」 ポルト・ヴェーリョとパウマス | 《ブラジル》県連故郷巡り=「承前啓後」 ポルト・ヴェーリョとパウマス=(27)=世界の果てのムンド・ノーボ(新世界)

《ブラジル》県連故郷巡り=「承前啓後」 ポルト・ヴェーリョとパウマス=(27)=世界の果てのムンド・ノーボ(新世界)

中村賀寿子さん

中村賀寿子さん

 令香・中島・ビオラットさん(れいか、65、二世)さんは1989年にやってきた、最初の日系人だ。トカンチンス州が独立した年だ。夫アントニ・ジェラルド・ビオラットさん(66)が水力発電所の配電技師だった関係で、州独立に伴ってサンパウロ州バウルーの本社から派遣され、そのまま住んでいる。
 令香さんは「最初は野菜がなくて困ったわ。キャベツとアルファッセぐらいしかないの。白菜、ゴボウ、しいたけ、シメジとかサンパウロから持ってくるからすごく高かった」と振りかえる。
 彼女がパウマスで最初に寿司を広めた人物だとう。「私は日伯協会の創立会員でもあるの。1996年に創立して、日本祭りを始めた時、私が寿司などの日本食を作ったの。そしたら『あれは誰が作ったんだ』と評判が広がって、今じゃ自宅で注文を受けるようになったわ」。そうやって日本食が普及し始めたことから、今ではパウマス市内には6軒の日本食レストランがあるという。

アントニ・ジェラルド・ビオラットさんと妻・令香さん

アントニ・ジェラルド・ビオラットさんと妻・令香さん

 「日系人がこの町に増え始めたのは2000年頃から。州の農業が活発化し始めて、サンパウロ州やパラナ州から若い日系農家が入って来るようになった。最初に息子が来て、うまく行ったら親を連れてくるというパターンね。農家だけでなく、日系弁護士、医者、歯医者も増えているわ。エストラとかアタカドンとかの大手スーパーチェーンができたのもその頃よ」と証言する。
 まさに今世紀に入ってから。本当に最近の動きだ。
 中村ネルソン会長の母・賀寿子さん(かずこ、73、リンス生まれ二世)は、息子に呼ばれて2012年にパウマスへ来た。「養蚕、バタタ、養鶏、野菜など、コチアがつぶれた後も、COALINS(組合)をみんなで作って農業を続けてきた。今じゃ、カンナばかりになって、リンスの土地はすごい値段が上がっている。だから、それを売ってこっちに来たの。最初半分売って息子たちがこっちで土地買う資金にして、私たちが来るときに残りも売って来た。うちの息子は1千ヘクタール以上、大豆をやっているわ」。
 ふと思いついて「リンスの土地は何へクタールだったんですか」と尋ねた。「200ヘクタールよ。知っているかしら、いわゆる『多羅間耕地』と呼ばれていたところよ」と答えたので、衝撃が走った。
 バウルー領事館の多羅間鉄輔領事は平野植民地やアリアンサ創設に尽力し、退官した後は、1929年に自ら移住して「多羅間耕地」開いた。日本人会会長も務め、戦争中に交換船で日本に帰国することもできたが断り、ブラジルに骨を埋めた人物だ。戦後はきぬ未亡人が、戦後初の総理となった東久邇宮稔彦殿下の第三子を養子に迎えて、ブラジルに呼んだ。それが「多羅間殿下」と愛称された俊彦さんだった。
 戦前からの伝統がある多羅間耕地が、ブラジルで最も新しいフロンティアに真っすぐつながっていた――。
 賀寿子さんは言った。「リンスでトカンチンスに行くと言ったら、友達から『フィン・ド・ムンド(世界の果て)よ』と言われた。でも、来たらわかりました。ここはムンド・ノーボ(新世界)です」。(つづく、深沢正雪記者)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 〃ドン・ぺぺ〃こと、ウルグァイのホセ・ムヒカ大統領(Foto: Presidência do Uruguai)2014年12月3日 ウ国外交界の頭痛の種=ドン・ぺぺの率直な発言語録=パラグァイ 坂本邦雄  ウルグァイ元首〃ドン・ぺぺ〃こと、ホセ・ムヒカ氏の『世界一質素な大統領』としての評判はスッカリ定着した。そんな好評の裏で、歯に衣着せぬ発言が多く、外交界で色んなゴシップにこと欠かぬ、ユーモラスな「失言居士」としても有名だ。 ゲリラ闘士時代の血騒ぐ? 最近は例の調子でメキシ […]
  • 3カ月の海水温2度上昇=今年のエルニーニョは強力=大雨と干ばつは避けられず2015年11月19日 3カ月の海水温2度上昇=今年のエルニーニョは強力=大雨と干ばつは避けられず  世界気象機関(英語ではWMO、ポ語ではOMM)が16日、ペルー沖の海水温が上昇するエルニーニョ現象に関する最新情報として、今年のエルニーニョは年末までに強まり、過去最大級になるとの見通しを示したと18日付G1サイトなどが報じた。 エルニーニョは世界各地で異常気象を引き起こした […]
  • 李首相(右)を迎えるジウマ大統領(Roberto Stuckert Filho/PR)2015年5月20日 〃救世主〃李首相が来伯=鉄道や電力事業に投資=(上)=基幹工事などに530億ドル=牛肉や航空機輸出の合意も  中国の李克強首相が18日に来伯し、19日のジウマ大統領との会談後、35項目からなる2国間協定を締結したと同日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。 企業家約150人を伴って来伯した李首相は、ジウマ大統領と両国間の国交深化と交易の活性化について話し合った後、八つの分野にまた […]
  • 物流インフラの弱いブラジル=たった2年で道路にガタ2014年12月3日 物流インフラの弱いブラジル=たった2年で道路にガタ  国庫庁(TCU)が11月26日に承認した報告書によると、マット・グロッソ州(MT)~パラー州(PA)間の国道163号線では、2年間でアスファルトがダメになった所があると11月29日付フォーリャ紙が報じた。 問題の区間はMTルーカス・ド・リオ・ヴェルデ~PAミリチトゥーバ間 […]
  • 花嫁移民=海を渡った花嫁たちは=滝 友梨香=662014年12月3日 花嫁移民=海を渡った花嫁たちは=滝 友梨香=66  このK・Tさんは、彼女たち花嫁移民の母と呼ばれる小南ミヨ子著「海外に飛び立つ花嫁たち」の中で紹介されている。昭和五四年七月に移住した「国際女子研修センターの第九回生」である。ブラジルへ旅立つ矢先に住所変更を知らせるK子の手紙を受け取った小南ミヨ子女史は、「K・Tさんのこと […]