ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | サンパウロ市ルス駅=音楽や劇、ワークショップも=ボルトガル語と文化の日祝い

サンパウロ市ルス駅=音楽や劇、ワークショップも=ボルトガル語と文化の日祝い

 5月5日は、ポルトガル語を話す国が集まり、祝う「ポルトガル語と文化の日」だ。これにちなみ、サンパウロ市ルス駅では4~6日、音楽や劇、詩、芸術に関するワークショップなどの特別イベントが開催されている。
 4日付アジェンシア・ブラジルによると、ルス駅でのイベントは、15年12月の火災で大きな被害を受け、現在は再建作業中のポルトガル語博物館の活動の一環だ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ