ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 《ブラジル》「ルーラ元大統領は全て知っていた」と石油公社元幹部が供述=汚職捜査ラヴァ・ジャット作戦の裁判で=ルーラも真っ向から対決姿勢=10日の訊問にむけ、担当判事異例の動画公開

《ブラジル》「ルーラ元大統領は全て知っていた」と石油公社元幹部が供述=汚職捜査ラヴァ・ジャット作戦の裁判で=ルーラも真っ向から対決姿勢=10日の訊問にむけ、担当判事異例の動画公開

「ルーラは全部知っていた」と供述したPB社元役員レナト・ドゥッケ被告(Marcelo Camargo / Agência Brasil)

「ルーラは全部知っていた」と供述したPB社元役員レナト・ドゥッケ被告(Marcelo Camargo / Agência Brasil)

 ラヴァ・ジャット(LJ)作戦の裁判で既に4回断罪され、汚職その他の罪で合わせて禁固57年の判決が出ている、ペトロブラス(PB)社サービス部元部長のレナト・ドゥケ被告が5日、パラナ州連邦地裁での取調べで、「ルーラ元大統領(労働者党・PT)は汚職計画を知っていたばかりか、仕切っていた」と語ったと、6日付現地紙が報じた。

 ドゥケ被告の供述は、PT元幹部で、ルーラ政権の官房長官時代にPB経営審議会のメンバーでもあったアントニオ・パロッシ被告やマルセロ・オデブレヒト被告ら、計15人を対象とする刑事裁判の本人尋問の一環として行われた。この日の尋問は、4月17日の尋問では黙秘した同被告が自分から再尋問を願い出たことで実現した。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ